社会保険適用拡大等が盛り込まれた年金制度改正法

年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律が成立し、6月5日に公布されました。
ここで、企業として抑えておきたい2つのポイントを解説したいと思います。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000147284_00006.html

1,社会保険の適用拡大
現在、501人以上の事業所に限り適用されている短時間労働者を適用対象とする内容が
2022年10月から101人以上、2024年10月から51人以上の適用事業所に拡大されます。

2,雇用期間の要件が変更
現在、短時間労働者の適用要件の1つ「雇用期間が1年以上見込まれること」が
1年以上から2か月超に変更になります。

ちなみに現在、501人以上の事業所でない企業は
正社員の4分の3以上の所定労働時間のパート・アルバイトが被保険者となり得ますが
法改正により4分の3基準に該当しない場合であっても、
次の要件すべてを満たす場合は被保険者になるという内容が短時間労働者の適用拡大となります。

① 1週間の所定労働時間が20時間以上あること
② 雇用期間が1年以上見込まれること →1年以上が2か月超へ変更予定
③ 賃金の月額が8.8万円以上であること
④ 学生でないこと
⑤ 厚生年金保険の被保険者数が常時501人以上の適用事業所に勤めていること →人数規模も変更予定

今後は、パート・アルバイトを雇用する際に必要となる法定福利費が多くなることを
考慮して検討する必要が出てくることになります。

===========================================

高カロリーですが、たまにカレーが食べたくなるので作ります。
がっつり食べることは気がひけるので、一口カレーと言い訳しながら食べますが
写真の日は、決して一口ではない量でした・・・。

20年くらい前にスペインに遊びに行ったときに買った器を
今でも大事に使っています。
自由に海外旅行ができる日は、いつになるのでしょうか。

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.