「採用・退職」一覧

障害者雇用関連の給付金

2020-01-27

障害者の法定雇用率は現在、2.2%ですが
2021年4月までに2.3%まで引き上げられることが決まっています。
障害者雇用が課題になっている企業は多いと思いますが
短時間労働の障害者の雇用支援の制度が新たにできましたので参考にしてください。

給付金対象となる障害者は、次の要件のいずれかを満たす必要があります。
支給対象期間に雇用していた障害者の実人数(月数)×5,000円が支給額となります。
(納付金申告義務がある100人超の事業主は7,000円です)

1、障害者手帳等を保持する障害者
2、1年を超えて雇用される(見込みを含む)障害者
3、週所定労働時間が10時間以上20時間未満の障害者

詳細はこちらでご確認ください。

http://www.jeed.or.jp/disability/koyounoufu/tokureikyuufu.html

===================================

1月は講演会やセミナーでお話をする仕事が4回ありました。
私にしては数が多かったので、いつも元気ではあるものの、一応、
万一体調不良になってはならないと心配していましたが、
無事、24日(金)で今月の話す仕事は終わり、ひと安心です。

管理職セミナーでは、現場の意見を生で聞けることもあり
実は私自身がアウトプットするだけでなくインプットも多いです。
様々な現場にふれることで、現場のみなさまに本当に役に立つ情報を
お伝えできたらいいなと思っています。
2月以降に実施する研修講師の仕事も、まだまだ頑張ります!

写真は、先週、東京労働基準協会で講演したときの写真です。

労働組合が提供する退職代行サービス

2019-09-02

退職代行サービスは弁護士法違反ではないか、などと指摘される声がありますが
退職代行サービスの実行を一般企業ではなく、労働組合が行うというサービスがあるようです。

私は退職代行というサービスにニーズがあると感じていなかったので
全く興味がなかったのですが、少し調べてみるとユニオンのHPでも退職代行サービスについて
記載があるところが沢山ありました。

つまり、「労働組合が退職代行サービスをやっています」ではなく
「退職代行サービスをやっています。私達は労働組合だから安心ですよ」
という流れで、アプローチしているだけの違いですが
何を消費者に訴えかけるかで、集客に大きな差があるということを改めて感じる話です。
さらに、その企業(労働組合)は一律29,800円ですべてコミコミですよ、と謳っています。

退職代行サービスが本当に流行っているのか疑問でしたが
当事務所の顧問先企業でもそれを利用して退職した人はいますし、
利用者が多くなってきているというのは本当なのだと思います。

しかし、そもそもこのように退職代行だけをする労働組合は、
労働組合法の趣旨に則った労働組合と言えるのでしょうか。
違法性はないのかもしれませんが、なんとなくモヤモヤしてしまいます。

================================

15年くらい通っていた陶芸教室がなくなってしまってから
すっかり趣味とは言えなくなってしまった陶芸ですが、
先日、今年入社したスタッフから「作品を見てみたい!」と言われて
調子に乗り?我が家の土鍋の写真を撮りました。
こうやって写真のアップでみると、使い倒していることがよくわかりますが、
14年くらい使っています。
炊飯器を捨てて以来、ずっとこの子でごはんを炊いていますし、
とても可愛がっていますが、手入れが足りないですね・・・

土鍋を作ってみたくて陶芸教室に通い始めたのですが
その後も、ゆるゆると続いてきました。
せっかくなので、再開しようかなとは思っていますが、
今、強烈に作りたい!と思っているものがないので、
なかなか重い腰が上がらなくなってきています。
でもそろそろ土鍋2号を作ってみたいとは思っています。

就職先を確定する際の決め手は「自らの成長が期待できる」

2019-02-25

【就職先を確定する際の決め手は「自らの成長が期待できる」】
リクルートキャリアが2018年12月1日時点で民間企業への就職が確定している
大学生に対して「就職プロセス調査」を実施した結果が公表されています。

https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2019/190131-01/

調査結果は次の通りです。

①47.1% 自らの成長が期待できる
②37.8% 福利厚生(住宅手当等)や手当が充実している
③37.0% 希望する地域で働ける
④29.5% 会社や業界の安定性がある
⑤27.5% 会社・団体で働く人が自分に合っている
⑥22.2% 会社・団体の理念やビジョンが共感できる
⑦20.2% 会社や業界の成長性がある
⑧19.4% 年収が高い
⑨16.1% ゼミや研究等、学校で学んできたことが生かせる
⑩16.0% 教育・トレーニング環境や研修制度が充実している
⑪15.1% 会社・団体の知名度がある
⑫15.0% フレックス制度、在宅勤務、テレワーク、育児休暇等、
⑬14.3% 働き方に関する制度が充実している
⑭10.2% 会社・団体の規模が大きい
⑮ 9.4% 裁量権のある仕事ができる
⑯ 9.4% 課題活動(サークル、アルバイト)や学校以外で学んできたこと・経験を活かせる
⑰ 1.7% 会社・団体の規模が小さい
⑱ 1.1% 副業ができる

これだけを見ると、特別「いまどき」と言われるようなことを
感じることもありませんが、
自らの成長、自分に合っている、共感できるなど
学生個人個人の価値観に左右されることが比較的多く含まれいると感じます。
単に福利厚生や働き方の制度を充実させることがインセンティブになるとは
限らないと言えるのかもしれません。
もちろん、制度が充実していることに越したことはないですが。

======================================

先日、お客様が運営しているイタリアンレストランに久しぶりに伺いました。
移転して少し遠くなったので(といっても徒歩15分くらいですが)
なかなか行けずにいたのですが、久々に伺って、とてもとても幸せでした。
やっぱり私が東京で一番好きなイタリアンレストランだわー!と
思い出し?!ました。

マジカメンテ
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13121950/

写真はそのお店で飲んだ発砲している赤ワインです。
イタリアのある地方(説明してくれたけど、忘れちゃった・・)では
このワインはカフェオレボールみたいな器で飲むそうです。
あっという間にゴクゴク飲めちゃいます。

新たな外国人材の受け入れ

2018-06-25

6月15日に「経済財政運営と改革の基本方針2018」が閣議決定されました。

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/0615/shiryo_02.pdf

その中には、働き方改革の推進が謳われていますが、それ以外に
新たな外国人材の受け入れについても示されています。
人材不足が深刻なので、一定の専門性・技能を有した即戦力となる外国人を
幅広く受け入れる仕組みを構築する必要があるという内容です。

具体的には、日本語能力水準は日本語能力試験等によりある程度日常会話ができ、
生活に支障がない程度の能力を有することが確認できることを基本としつつ
受入れ業種ごとに必要な日本語能力水準を考慮して定める、またこれは
移民政策とは異なり、在留期間の上限を通算で5年として、家族の帯同は認めないことが基本で
一定の試験に合格するなどにより高い専門性を有すると認められた人には期間の上限をつけず
家族帯同も認めるなどの取扱いを可能とすることが検討されるようです。

今までは、単純労働は認めないという基本方針でしたが、
今回の方針転換で、人材確保の選択肢が増えることにはなるでしょう。

====================================

日曜日はお天気がよかったので、お散歩しましたが
やっぱり食べたり飲んだりしてしまうわけです・・・

これは広尾のフロインドリーブで買って帰ってきたアーモンドパイ。
サッカーを見ながら食べようかと思っていましたが、
始まる前に食べ終わってしまっていました・・・。

0625

中堅・中小企業の新入社員の意識調査結果について

2018-06-18

東京商工会議所が「中堅・中小企業の新入社員の意識調査結果について」
という調査結果を発表しています。
(東京商工会議所の新入社員ビジネス基礎講座を受講した中堅・中小企業の
新入社員 1,047名にアンケート調査した結果です)

http://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=122904

概要を見てみると、以下のような内容が書かれていました。

・就職活動では、自分のやりたいことがわからず悩む傾向が強い(55.3%)
・資本金1億円以上の企業に入社した半数以上がインターンシップ・職場体験に参加した
・入社した会社を選んだ理由として「待遇(給与・福利厚生等)」を選んだ人が増加

入社した会社を選んだ理由のトップは
「仕事の内容がおもしろそう(46.7%)」ですが、
次に、「職場の雰囲気がよかった(35.2%)」
「自分の能力・個性が活かせる(34.6%)」に次いで
「待遇(給与・福利厚生等)がよい(24.3%)」となり
昨年度比で2.9%の増加となっています。

仕事の内容がおもしろそう!
職場の雰囲気がよかった!、と感じるポイントは、
採用面接のステップにおいて、
今、その職場で働いている人がイキイキと働いていると
感じるかどうか、なのかもしれません。

========================================

先週末に、友人宅の近くの鳥越神社のお祭りに行ってきました。
毎年、ただ飲みに行くだけという感じですが
友人と友人の幼馴染の方たちとワイワイと一緒に飲むのが楽しいです。

写真は、お祭りで売っていた冷凍ミカンです。
ミカンの缶詰をそのまま冷凍しただけです。
なんともシンプルな商品!!
1つ300円で売っていましたが、一体いくらで仕入れた缶ミカンでしょうかねー?!
毎年、不思議なものが売られているのを見るのも楽しいです。

0615

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.