「雇用契約」一覧

令和3年度派遣労働者の同一労働同一賃金 労使協定方式の一般労働者の賃金水準公表

2020-10-26

今年の4月から派遣労働者の同一労働同一賃金について改正されて
「派遣先均等・均衡方式」または「労使協定方式」を選択して対応しなければ
ならなくなりました。

労使協定方式では、
「同種の業務に従事する一般労働者の賃金」と同等以上であることが要件であり
この水準は毎年公表されるのですが、令和3年度の賃金水準が10/20に公表されました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077386_00001.html

この公表のタイミングでQ&Aも第3集として公表されていますので
必要に応じてチェックしてください。

https://www.mhlw.go.jp/content/000685364.pdf

=================================

私はやると決めたら、「継続」だけは比較的できるほうです。

と言えば、かっこいいのですが、実は
行動科学の世界でいう「好子と嫌子」が自分の行動を決めるという話の
「行動の結果によって、行動の増減が決まる」に尽きるわけです。

私が独立して間もない頃は、仕事はとても少なく自由な時間は沢山ありました。
そこで始めたのが「コラムを書くこと」だったのですが
書き始めて数ヶ月で、日本実業出版社の「企業実務」の編集者からメールをいただき
雑誌の原稿を書いて欲しいというご依頼をいただいたということがありました。
私が10年近くコラムを書き続けることができているのは、
編集者が私を見つけてくれたという素晴らしい「好子」のおかげなのです。

ということで、私が原稿を書くことのきっかけをくれた
編集者の方(現編集長)とはそれ以来のお付き合いで、今回も企業実務に寄稿しました。
(前置きが長くてスミマセン)

在宅勤務手当と通勤手当のバランスについて、
注意すべきポイントや事例など、いろいろ書かせていただきました。
皆さまのお役に立てると嬉しいです。

非正規雇用の賞与、退職金に関する最高裁判決が出ました

2020-10-19

10/13に二つの重要な裁判の判決が出ました。
一つは大阪歯科薬科大学事件で、アルバイトの大学教室事務職員に対して
正社員と同様に賞与が支給されないことが不合理ではないと判断されました。
https://www.bengo4.com/c_5/n_11845/

もう一つはメトロコマース事件で、契約社員に退職金が出ないことが
不合理か否かが問題となったもので、こちらも結論として退職金に関する相違は
不合理ではないと判断されました。
https://www.bengo4.com/c_5/n_11846/

これらの判決は、いずれも有期雇用者に対する不合理な労働条件を禁止していた
労働契約法20条に基づく判断ですが、働き方改革法改正により労契法20条は
パート・有期法8条に引き継がれ規定されています。

ここで詳細内容の解説はしませんが、
これらの判決により、非正規に賞与や退職金を設けなくても不合理ではないという
一般論が確立したわけではないということは理解しておかなければなりません。
今後は、正社員との差を判定するための4つの要素にそって、
各社個別に対応していく必要があると考えます。

検討事項となる4つの要素
①業務内容の差異
②責任の範囲の差異
③配置変更範囲の差異
④その他の事情

更に10/15に、もう一つの最高裁判決が出ました。
こちらは日本郵政の契約社員に対して、有給の休暇や扶養手当・年末年始手当などが
支給されないことが不合理だと判断されました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d576d847fb09959390cb84a3e824fcbc2215eb6

こちらも詳細解説は控えますが、
平成31年のハマキョウレックス事件の結果と同じ流れになっていると考えられます。
説明がつかない手当については不合理だと判断されることは忘れないようにしなければなりません。

===================================

コロナの影響で、友人たちとの外食もなくなったので
自宅でプチ贅沢をして楽しんでいます。

ということで、写真は宮古島のアイスクリーム!
宮古島にしかないと思っていたお店ですが、送られてきたパッケージに
門前仲町店もあるという事実を知り、驚きました。
(よく見たら、蓋にも書いてありました・・・)

東京は、なんでも揃っていますね。

看護休暇・介護休暇の時間単位付与

2020-09-21

令和3年1月1日から看護休暇・介護休暇の時間単位付与が始まります。

来年1月1日施行で、看護・介護休暇を時間単位で付与しなければならなくなります。
いままでは1日単位または半日単位が義務化されていましたが
半日単位はなくなり、時間単位の取得も認めることが必要となります。

パンフレットはこちらから
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000582033.pdf

Q&Aも9/11に改定されていますので、参考にして下さい。
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000582061.pdf

年次有給休暇の時間単位付与とは異なり、こちらは義務です。
また、法が求めているのは、始業時刻から連続または終業時刻まで連続して
取得することまでで、いわゆる中抜けまでの休みを認める義務はありません。
これを機に、年次有給休暇についても時間単位の取得を認めるようにするかどうかも含めて
検討されることも考えられます。

======================

WEB会議が主流になり、対面でのお打ち合わせは極端に減りました。

打ち合わせで、課題を解決していくことや
業務連絡だけであれば、WEBで十分だと思いますが
やはりリアルでしか得られないこともありますね。

電話やメールよりはWEBのほうが顔を見ることができるので
多少は言葉以外の情報を得ることもできますが
ちょっとした雑談を含めて無駄に感じるような情報も意外と大切で
それらで絆のような部分が構築されるきっかけになっていたように
感じています。
上手に、リアルも組み込みながら進めていきたいと思います。

写真は、ブレてしまっていますが
最近近所にできた「一福」という讃岐うどん屋さんで食べたカレーうどんです。
お出汁を加えながら食べ進めていくと味変するので楽しく美味しかったです。

女性管理職 7.8%どまり

2020-08-24

帝国データバンクは、2020年女性登用に関する企業の意識調査の結果で
企業の女性管理職の割合は前年比0.1ポイント増の7.8%だったと発表しています。
(ちなみに、政府目標は2020年までに30%)

業種別では、小売が最多で12.8%、次いで不動産12.2%、サービス11.5%など
となっていて、最も低かったのが建設で4.3%だったとのことです。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62780450Y0A810C2TJ1000/

顧問先の建設関係の会社から伺った話では
女性の現場監督を採用しても、まだまだ現場は男性中心なので
深夜の現場などは女性一人では参加させられない、など
幅広い課題も色々あるようです。

私個人は、男性だから女性だから、ということをあまり意識していませんが
まだまだボードメンバーは男性ばかりという企業は多いですし
大きな組織になるほど、女性管理職は少ないと感じています。
ただ働く女性の意識も、遠慮なのか、謙遜なのか、控えめが美徳と教育されているのか、
任せたいと思ってもらえるための自信を身につけようとしていない人も
いるようにも感じます。

ちゃんとできないと厳しく指摘されてしまう環境ではなく
チャレンジした人を称賛する環境整備が必要ですね。
もっともっと上手に褒めることができるようになりたいです。

===============================

事務所はお盆休みはなく、通常通りに営業していました。
スタッフたちも、自分のスケジュールに合わせて休むようにしているので
基本的に自由です。
私は会社員時代もお盆休みがある会社で働いたことがないので
違和感はないのですが、やはりお客様からのご相談なども少なくなるので
ちゃんと計画的に仕事をすすめることが出来て、いい時間でした。

アイスを食べて?!引き続き元気に過ごしたいと思います!

前職調査のサービス

2020-08-17

リファレンスチェックというサービスをご存知でしょうか。
ROXXという会社が、back checkというサービス名で提供しているもので
前職の実績・人物像などを第三者に照会し取得できるサービスだそうです。
ミスマッチを防ぐために、履歴書等だけではわからない情報も確認できるものとのこと。
あくまでも本人了承のうえで、前職の上司・同僚・部下などからヒアリングをする
という仕組みとなっているようです。
https://backcheck.jp/

採用する側の企業にとっては、履歴書や面接だけではわからない情報を
得ることができるので、いいサービスだとは思いますが
応募者側の気持ちはどうかなと、少し心配になります。
そもそも、ヒアリングしてもいい前職の同僚等を推薦者として応募先の会社に
伝えるということに強制力がなくても、同意しないと採用ステップから脱落する可能性が
あると思ってしまうでしょうから、結果的に強制力があることと同じと考えられます。

もちろん、このようなことを気にしない人を採用したい会社であれば
問題ないとは思いますので、興味があれば是非チェックしてみてください。

採用と教育は、経営にとって大変重要な課題です。
会社によって状況は異なりますし、成功する方法は一つではないはずなので
(そもそも何が成功と考えるか、にもよりますが)
私もいつも考え続けています。
時々投げ出したくなることや傷つくこともあります。
いずれにしても「お互いさま」でもあるはずなので、頑張りたいとは思っています。
ただ一つ、「諦めない」ということだけは決めています。

=====================================

梨と桃!幸せなデザートです。

美味しいものを食べて、いつもゴキゲンでいたいです。

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.