「賃金」一覧

外国人技能実習生の実習実施者に対する監督指導、送検等の状況(平成30年)

2019-08-19

厚生労働省が全国の労働局や労働基準監督署が、平成30年に外国人技能実習生(以下「技能実習生」)
の実習実施者(つまり技能実習生が在籍している会社)に対して行った監督指導や送検等の状況について
公表しました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06106.html

労働基準関係法令違反が認められたのは70.4%で
主な違反事項は、
(1)労働時間(23.3%)
(2)使用する機械に対して講ずべき措置などの安全基準(22.8%)
(3)割増賃金の支払(14.8%)
の順に多かったそうです。

技能実習生に関するトラブルは多く
単に労働力の確保として考えていると
いずれ世界から排除されてしまう可能性も考えられると思いますので
制度の趣旨に立ち戻り、対応していくことが求められると思います。

========================
お盆の時期は事務所は通常営業ですが、比較的お客様もお休みが多く
打ち合わせ等も少ないので、事務所での仕事時間を多く確保できました。

たまたま急ぎの仕事があったので、それに注力しつつも
普段できない(していない)重要な仕事も一つ、できました。
それは、私専用となっているキャビネの整理です。
事務所全体のキャビネは定期的に見直し、整理をしているのですが
私専用のものは別扱いなので、私が整理しなければならず・・・
なかなか着手出来ていませんが、今回ちゃんと整理をしてスッキリです!

整理と言っていますが、要するに「不要なものを捨てる」ことができていませんでした。
普段の生活ではかなりの捨て魔ですが、仕事に関連する資料などは
「いつか見るかも」と思って仮置きすると、それが「仮」でなくなってしまうわけです。

今回、捨てるルールを自分なりに決めたので
これで少し維持できるといいなと思っています。

いつも快適な環境で、気持ちよく仕事をしたいです!

写真は、いただいた船橋の梨です。
いつもありがとう!!!
(大きさをお伝えするために、本も宣伝です)

リーフレット:熱中症予防のために

2019-08-05

毎日暑いですが、今年も厚労省では
熱中症予防のためのリーフレットを公開しています。

日本語はもちろん、英語版、中国語版、韓国語版も準備されていますので
従業員のニーズに合わせて、周知できるといいでしょう。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/

また、中央最低賃金審議会の答申についての情報も
公表されています。
今年度の最低賃金引き上げにより、いよいよ東京と神奈川は
時給1000円超の時代になります。
詳しくは事務所のFacebookページで書いていますので
よろしければ参考にしてください。

https://www.facebook.com/srhamada/

================

最近、物欲から経験・体験欲?に変わってきて
旅行が極端に好きになりました。

さらに5年ほど前から、海遊びが好きになったこともあり
毎年海に遊びに行くようになりました。

写真は、石垣島に行った時の海です。
なーんにもなくて、ただキレイな海も大好きです。

>全英女子で優勝した渋野さん、すごいですねー!
ニコニコしている顔と強気なプレーとの両面を持っていて
こういう若者が笑顔を大切にしているという話は、大いに納得です。

派遣労働者の同一労働同一賃金で、労使協定方式を用いる場合の賃金水準が公開されました

2019-07-16

事務所のFacebookでもご案内しましたが、
2020年4月施行で大企業には適用される同一労働同一賃金に関する法律で
派遣労働者に適用される場合に重要な情報が公開されました。

改正後は、派遣元事業主は派遣先の通常の労働者との均等・均衡待遇の確保する「派遣先均等・均衡方式」
または、一定の要件を満たす労使協定による待遇の確保する「労使協定方式」のいずれかの待遇決定方式により
派遣労働者の待遇を確保することが義務付けられます。

このうち「労使協定方式」を採用する場合は、
「同種の業務に従事する一般労働者の賃金」と同等以上であることが要件とされています。
この一般労働者の賃金水準の賃金額が通達で示されることになっていましたが、それが示されました。

通達はこちらです。https://www.mhlw.go.jp/content/000526710.pdf
令和2年度の「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律
第30条の4第1項第2号イに定める「同種の業務に従事する一般の労働者の平均的な賃金の額」」等について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077386_00001.html

通勤手当は時給換算で72円、退職金は6%など、詳細な情報ですが
よく確認していただき、準備を進めていただければと思います。

どのような業務、ポジションを派遣社員にお願いしたいのでしょうか。
派遣社員を受け入れている企業では、活用方法をしっかり検討し直す時期が来たかもしれません。

==========================================

GWにガーデンプレイスでハワイフェア?みたいなものが開催されていて
その時に、プルメリアの挿し木が売られていて衝動買いしてしまっていました。
挿し木にはもちろん葉も根も全くついておらず、キュウリみたいなものだったのですが
植えてみたら、徐々に葉が出てきて、なんだか元気そうなものになってきました。
2年後くらいにならないと、花は咲かないと聞かされているのでまだ先ですが
元気育ってほしいと思っています。育てられるかなー?
我が家では、元気なハイビスカスの隣で、すくすく成長中です。

賃金統計情報

2019-01-21

厚生労働省が不正な手法で毎月勤労統計調査を行っていた問題が大きく報道されていますが
その影響範囲に関する厚労省の発表内容について、事務所のFacebookページで書いていますので
よろしければ、こちらもご覧ください。

https://www.facebook.com/srhamada/

いままで事務所のFacebookページの更新がなかなか出来ていなかったのですが
今年は、今まで以上に情報発信していく予定なので、Facebookページの更新も毎週していく予定です。
是非、併せて応援してください!
Facebookページでは、主に労務関連のニュースのご紹介をしていく予定です。

さて、今週のコラムは毎月勤労統計と少し関連した情報として、賃金統計情報に関することです。

評価をどうすればいいか、昇給はどの程度すればいいのか、そもそも賃金はどの程度が適切なのか、
このあたりのご質問を受けることがあります。
特に最近は、人手不足で人員確保が最重要課題でもありますし
現在活躍してくれている社員たちに継続して仕事をしてもらえる環境づくりが大変重要になってきています。
起業してから少し時間が経過し一定規模になった段階で、
あまり計画的でない、制度化されていない賃金体系となっていることがリスクになってきます。

もちろん、業種やビジネスモデルや規模によって異なるので、
賃金体系にひとつの正解はないのですが、会社の考え方を示すことができる一つのツールではありますので
どこかの制度を引用するだけではなく、自社内でじっくり検討していただくことが大切だと考えます。

話題の毎月勤労統計のほかに、
東京都産業労働局が発表している「中小企業の賃金・退職金事情」も参考になります。
ちょうど平成30年版も公表されています。

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/toukei/koyou/chingin/h30/

============================================

年明けから順調に?!読書をしています。
仕事に関係した内容で、読まなければならない本もありますが
直接関係のない本も沢山読みたいなと思っています。
私は通勤時間が短いので、毎日の電車の中での読書は通勤ではない移動時間だけなのであまり確保できません。
そんなこともあり、ちょっとした隙間時間でもお茶をしながら読書をすることにしています。
15分あればカフェに入る!といつも言っていますが、これは本当です。
電車の中でもスマホを見ているとあっという間に時間が経ってしまうので、
なるべく見ないようにして読書をしたいです。

写真は、休日に入ったカフェで注文したウインナーコーヒーです。
ケーキを食べたかったけど、ガマンした結果です・・・(ガマンになったのかな?)

管理監督者の労働時間管理

2018-11-26

労基法改正により、労働時間管理の徹底が必要となりますが、
具体的な対応を検討するにあたり、
管理監督者の取扱いについてご質問を受けることが多くなりました。

管理監督者とは、労基法41条で規定されている
労働時間、休憩、休日について適用除外となる人のことですが
現在、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン(2017年1月20日策定)」
では、管理する対象者から除かれています。
したがって、労働時間管理をしなくてもいい人となっていますが、
安衛法改正により、2019年4月からは過重労働対策の観点から
タイムカードやパソコンのログオフの記録など客観的な方法により状況把握が必要となります。
これは賃金支払いのためではなく、過重労働対策から必要とされたことですので
今後は、全従業員について時間管理が必要と考えておきましょう。

==============================

写真は、先日我が家で作った「肉チャーハン」です。
すっかり最近はサシの入ったお肉をステーキで食べることが
ツラくなってきて、こんな形でいただきました。

結局、お肉とゴハンって合うんですよね。
美味しかったです。

年末に向けていろいろ忙しいですが、
いつも以上に気合を入れて頑張ります!

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.