濱田京子コラム

改正労基法、安衛法の通達が出ました

2019-01-15

2018/12/28に改正後の労基法、安衛法の通達が出されていて
厚労省のHPでも公開されています。

どちらの通達も、QA形式になっていますが
一般向けではないので、あまりわかりやすいとは言いづらいですが
チェックされたい方は是非こちらから!

労基法通達
https://www.mhlw.go.jp/content/000465759.pdf

安衛法通達
https://www.mhlw.go.jp/content/000465070.pdf

私もまだ、これらの通達を完全には読みこなせていませんが
実運用を考えると、難しいと感じることも多いです。

通達とは法令の解釈や運用の留意点が書かれたもので
行政内部に向けたものであり、一般国民に向けられた文章ではありません。
したがって、一般の方がこれを読んだだけで理解するのは少し難しいかもしれません。

====================================

先週は賀詞交歓会や新年会が続いていました。
改めて諸先輩方にご挨拶することも多く、
いろいろなことを教えていただく機会に恵まれました。

最近ずっと思っていますが、今年はさらに
会いたいなと思った人に、また
会いたいと連絡をくれた人には、すぐに連絡して会いたいなと思います。

・・・
写真は、2019/1/18発売の本です。共著なので、私は少ししか書いていませんが。
Amazonでも予約が始まっていますので、是非ご購入ください!

M&A労務デューデリジェンス標準手順書(日本法令)

こちらは、私は参画していませんが、姉妹図書ですので、こちらも是非!
M&A人事デューデリジェンス標準手順書(日本法令)

厚生労働省 最新リーフレット

2019-01-07

あけましておめでとうございます。

当事務所は先週の金曜日(1/4)から通常営業しておりますが
今週からが本稼働となるでしょうか。

労務ネタをすっかりサボっていましたが
今日は少しだけ、書きたいと思います。

昨年のクリスマスに厚労省のHPにアップされた最新リーフレットのご紹介です。

「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」
https://www.mhlw.go.jp/content/000463185.pdf

「年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説」
https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

厚労省の働き方改革関連法に関するページはこちらから
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322_00001.html

残念ながら、あまり目新しい情報は盛り込まれていないという印象です・・・

年5日の年休については、そろそろ本気で考えなければなりません。
社員への案内方法にも工夫をしつつ、自由度も損なわない
制度ができればベストだと思います。

==========================================

年末にお誕生日を迎え、スタッフ達にもお祝いしてもらいました。
お花とカードをもらって、幸せいっぱい!!でした。

スタッフのみんなも普段はいいことばかりではなく、嫌なことも
しんどいことも、悔しいことも、めんどくさいことも、沢山あると思うのですが
とても優しく素敵な言葉をカードにしたためてくれていました。
私もいつもニコニコばかりではなく、指導的発言もしているので
必ずしも優しいボスではないかもしれませんが、みんなの愛に包まれて
これからも頑張ることができます。

今年も顧問先企業にとって、
いつでも頼りになる専門家となれるように頑張ります。
また、事務所メンバー全員が働くことの楽しさを実感できる職場になるように
みんなでいい仕事をしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします!

2018年 今年もありがとうございました

2018-12-25

当事務所は年内は12/28まで営業し、年明けは1/4からの営業となります。

今年もお世話になりました。
このコラムは、当事務所の顧問先企業様だけではなく
事務所のスタッフや家族、友人のほか、いろいろな方が見てくださっていて
時々、感想のご連絡をいただいたりすることがモチベーションの一つにもなっています。
いつもありがとうございます。

今年を振り返ってみると、今まで以上にいろいろな仕事をした1年だったと感じます。
特に、
①上場企業の社外監査役に就任したこと、
②東京労働局のあっせん委員に就任したこと、
というこの二つは、私の今までのキャリアの中でも大きな出来事であり
とても刺激的なことでした。
このお仕事についてもこれからも
しっかりお役に立てるように頑張りたいと思います。

事務所としては、新たなメンバーを受け入れたり
ベテランのスタッフが家族の事情により離れることになったりと
色々なことがありましたが、これも成長のために必要なことだと考えて
前向きに考えていきたいと思っています。
(・・・女性のキャリアは家族との関わりが大きいので
難しいことが多いですね・・・)

事務所でお引き受けしている仕事も、新しい出会いも別れ?!もありましたが
これも事務所の成長過程において必要なことなので
ひとつひとつに必要以上に一喜一憂せずに、大きな目標からぶれることなく
広い視点で判断していきたいと思っています。
また、新しい業界のお客様との出会いや新しいサービス内容なども展開することができて
サービスの幅を広げるきっかけができた1年でした。

今年は年末年始に執筆の仕事がないので(珍しい!!)
冬休みの宿題のないノビノビとした休暇を過ごしたいと思います。
また、来年!!!
新たな気持ちで、元気に頑張ります!

写真は、先日の事務所おやつの鳩サブレーです。
久しぶりに食べましたが、美味しいですね。
私がまだ神戸で暮らしていた幼いころ、
東京のお土産でいただく鳩サブレーが大好きでした。
とても懐かしい味です。

職場のパワーハラスメント

2018-12-17

忘年会シーズンですね。
週末、テレビのニュースで「忘年会がパワハラにならないよう上司たちは気を使っている」
という話題が取り上げられていました。

お客様からパワハラに関するご相談は多いです。
また私が東京労働局のあっせん委員として仕事をしている中でも
パワハラの案件はとても多いです。

パワハラとは、法的な定義はありませんが
「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、
業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」
と職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議で示されています。

セクハラ、マタハラは防止措置等が法整備されていますが
パワハラはこれから、というところです。
とは言え、最近はとても気にしている管理職の方が多いとは思います。

ハラスメントは職場環境の悪化させる行為とされていますが
上司や先輩の話を聞かず、自分の主張を通そうとすることも
職場環境悪化となり得るので、お互い一定の気を遣いつつも
あまり神経質になりすぎないほうがよいと思ったりしています。

誰かと一緒にいる限り、100%自分の思い通りになることはないです。
どうしてもそれが嫌であれば、自分一人でできる仕事を見つける
ということになりますよね・・・
私は独立してしばらくは一人で仕事をしたのでわかりますが
一人は一人でシンドイものです。
仕事は得意で好きなことばかりではないので、だれも助けてくれない
環境は厳しいものです。
私はこの仕事が好き!といってももし一人であれば
その仕事を営業して取ってくることも出来ないダメ、ということになります。
実は自分の仕事は誰かのおかげで出来ていて、
誰かの役にも立っているものです。
心の余裕をもって、少し広い視野で物事を判断できたらいいですね。

===================================

今年一年をふりかえる季節ですので、私の痩せるぞ!ネタのご報告を!

今年の2月から筋トレを始めました。
目的は引き締まった見た目にするため、でした。
週2~3回程度、トレーニングを続けていたのですが
最初は正直、ほとんど見た目も変わりませんでした。
少しずつ変わってきた自覚が出てきたのは半年を過ぎた8月頃からでしょうか
9月に入ったくらいからは、数か月ぶりにあった人からは
「痩せましたね!」と言われるようになりました。

現時点での結果は・・・
体重は3キロくらいしか痩せていませんが、
体脂肪率は5%近く下がりました。
食事はお昼ご飯を控え目にしている以外は
タンパク質を多めに食べること、
甘いものは、午後に珈琲と一緒に食べること(結局食べている!)
程度で、お酒は相変わらず飲んでいますしストレスフリーです。
だから継続できているのだと思います。

トレーニングは平日の朝に組み込んでいるので
生活スタイルもほぼ変えることなく継続できています。
筋トレ!本当に人生が変わりますのでお勧めです。
もっともっと書きたいことがありますが、この辺で。
いつも適切に優しく褒めながら応援してくれている
トレーナーにも本当に感謝しています!ありがとーーー!!

写真は週末に食べた紅芯大根のソテーです。
京丹後でオーガニック野菜を作っている友人のお店から
お取り寄せしたので、オシャレな食卓になりました。

SORA農園
https://www.facebook.com/soraorganicfarm

年次有給休暇の時季指定義務

2018-12-10

年次有給休暇の時季指定義務が来年の4月に施行されます。
すでにパンフレットなども出ていますので、情報はいろいろありますが、
基本事項を簡単に整理してみたいと思います。

現在、労基法で定められている年次有給休暇の取得パターンは次の2つです。

1、労働者が取得時季を指定して取得する
2、計画的付与の労使協定の締結により、取得時季を指定する

今回の改正のよりこれらに、

3、使用者が取得時季を指定して取得する

が追加されました。
そして、年休付与日数が10日以上である労働者に対して
年5日の時季指定をしなければならない、となっています。
ただし、1や2の方法で5日以上の取得をしている人は除かれます。

どんなに有休消化率が高い企業であっても、全員が5日以上の取得をしているか
ということになると、微妙なことが多いです。
それはほとんど取得していない人がどの企業にも数名は存在するからです。
この改正により上記内容が労基法で定められるので、
1人でも取得していない人がいれば、違法となってしまいますので
要注意です。

=========================

先日、ある業界団体の会議でお話をさせていただくという機会がありました。
今までご縁のなかった業界でしたので、逆に色々なお話を伺えて楽しかったです。
弊所は比較的いろいろな業種の顧問先がありますが、
労基法以外の労働法令も適用される業界はなかなか新鮮です。

写真は、先日開催された社労士制度創設50周年記念式典のパンフレットとお土産です。
式典には天皇、皇后両陛下もご臨席いただいたので、緊張と感動の時間でした。
全国から5000人の社労士が集っていたのですが、あたり前ですが全員同じ仕事をしているのかと
思うと不思議な感じでした。
これからも、お客様のお役に立てるようにしっかり勉強し、アウトプットしていこうと
心に誓いました。

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.