濱田京子コラム

2021年02月

社会保険適用拡大について

2021.02.22.

  

2016年10月から501人以上の事業所について社会保険の適用拡大がされましたが
(適用拡大とは、加入要件が所定労働時間が週30時間以上から
20時間以上、月額8.8万円以上などに拡大されたことをいいます)
2022年10月から101人以上、2024年10月から51人以上の事業所に対して
拡大が義務化されていきます。

つまり、パートアルバイトも社保加入者になるという会社が
増えていくということになります。

雇用保険は保険料率が低いので、あまりインパクトはないのですが
社会保険加入となると、かなり法定福利費がアップしますので
影響が大きいです。

厚生労働省が特設サイトを作り、
社会保険料かんたんシュミレーターという機能もありますので
試算したい場合にご活用下さい。

https://www.mhlw.go.jp/tekiyoukakudai/jigyonushi/?fbclid=IwAR2TuyolFpRLTCi1yZEjP9a-Wr4xgIFUgR9q5E_aOz1JNTb28u6VbhVbX9o#%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%96%99%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%93%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

===============================

写真はハンドメイドの鍋つかみです。
Facebookで繋がっている小学校時代からの同級生の手作りです。

とっても可愛くて、キッチンにあるだけでウキウキします。
友達が送ってくれたのですが、添えられていた手紙もキュートで
本当に嬉しかったです。

  

健康保険法改正案

2021.02.15.

  

健康保険法の改正案が国会に提出されました。

https://www.mhlw.go.jp/content/000733601.pdf

今回盛り込まれている内容のうち、注目しているのは次の2つです。

1,傷病手当金の支給期間の通算化
傷病手当金は、支給開始から暦日で1年半が支給期間ですが
出勤に伴い不支給期間があれば、その期間を延長して受給できるようになる
支給期間の通算化が考えられています。

2,育児休業中の保険料免除要件の見直し
短期間の育児休業を取得した場合を想定して、
月内に2週間以上の育児休業を取得した場合に当該月の保険料を免除するほか、
賞与の保険料免除は1月を超える育児休業期間を取得している場合に限る
などが検討されています。

会社によっては、社員によかれと思い育児休業の取得回数に制限がなく
何度も取得可能としていることがありますが、その場合に
保険料免除を目的に短期間の取得を申請してくるケースがあります。
法の趣旨とは関係なく、保険料免除のことだけを考えて申請するのは
どうかと思っていたところでもあるので、
是非これは見直してほしい点だと思っています。
実務は確認など、大変ですけれど・・・

=========================================

久しぶりに海南鶏飯に食べにチキンライスを食べにいきました。
シンプルですが、とっても美味しいです!!

  

ジョブ型と同一労働同一賃金

2021.02.08.

  

同一労働同一賃金(パート・有期労働法)の改正が
中小企業に対しても2021年4月から施行されます。

昨年の最高裁判決を契機に、具体的な対応についてのご相談が増えていますが
なかなか明確な判断がしづらい点が多いので、考えさせられることも多いです。

それと同時に、最近少し気になっていることがあります。
それは、最近よく話題になっている「ジョブ型雇用」との関係です。
ジョブ型に移行するのであれば、これは同一労働同一賃金の観点からいうと
非正規であることは関係ない、という考えになります。
つまり同じジョブをしている有期雇用者などは、同じ処遇にしなければ
ならないことになります。

職能給で育成のための異動もある正社員、という固定概念にとらわれず
職務全体を見直すことが必要になってきます。
いずれにしても正社員の制度設計だけを単独で考えると、
大きな落とし穴に気づけなくならないようにしなければなりません。

============================

写真は恵比寿に復活したOUCAのアイスです。

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13040777/

以前からファンですが、さらにおしゃれな店内になって
恵比寿に復活しています。

冬は、焼きいもアイスもおすすめですし、
夏は、シロクマアイス(かき氷)もいいですよー!

  

給与デジタル払い、解禁へ

2021.02.01.

  

今春、給与のデジタル払いを解禁するという報道が出ています。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODF266MB0W1A120C2000000

労基法で、賃金は現金で直接支払わなければならないと規定されているため
今まではデジタルマネーで支払うことはできない、と考えられていました。
デジタルマネーとは、電子マネーとかスマートフォン決済などのシステムや
プリペイドカードなどが考えられますが、ビットコインなどの仮想通貨は
給与のデジタル払いからは除外されるようです。

銀行口座を持たない外国人や口座開設までに時間を要して対応しづらい
などの課題は今までも耳にしていましたが、
やはり今般の「非接触」への流れが大きいのでしょうか。

会社側のメリットは、社員からの情報収集業務を低減できることなども考えられますし
新しいサービス提供をしている会社も出てきましたので、選択肢が増えそうです。

=======================================

毎月、事務所スタッフたち一人一人と面談をしています。
在宅が多くなったことで直接話すチャンスが少なくなってしまっているので
今まで以上に有意義な時間となっていて、みんなから多くの気づきをもらっています。
それほど長時間話すわけではありませんが
みんなのためだけではなく、私自身のためにも必要な時間だと感じています。

写真は、週末に作ったオニオングラタンスープです。
黙々と玉ねぎを炒める作業は、意外と気持ちが落ち着くいい時間になります。

  
給与計算改善コンサルティング
RECRUIT
給与計算の最強チェックリスト
濱田京子著 出版書籍
濱田京子コラム
社労士コラム

お電話でのお問い合わせ

03-5422-6550

受付時間: 平日 9:00 〜 17:00

メールでのお問い合わせ