「就業規則」一覧

裁量労働制の不適正運用をした事業場の企業名公表について

2019-02-12

2018年12月末に「労働施策基本方針」が閣議決定されました。
この方針には、働き方改革実行計画に規定されている施策を中心とし、
労働施策に関する基本的な事項、その他重要事項などが盛り込まれています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03094.html

この方針のなかでも示されているとおり、
裁量労働制の理解促進や監督指導による履行確保が予定されています。
厚生労働省では、裁量労働制を不適正に運用した事業場に対して指導の実施や
企業名公表の手続きについて決めています。

https://www.mhlw.go.jp/content/11202000/000473546.pdf

具体的に不適正な運用実態としている内容は
次の①ないし③のいずれにも該当する場合としています。

①対象業務以外の業務に従事
裁量労働制の対象労働者の概ね3分の2以上について、対象業務に該当しない業務に従事していること。

② 労働時間関係違反
①に該当する労働者の概ね半数以上について、労基法第32・40条(労働時間)、35条(休日労働)
又は37条(割増賃金)の違反が認められること。

③ 長時間労働
②に該当する労働者の1人以上について、1か月当たり100時間以上の時間外・休日労働が認められること。

上記内容に該当し、本社および支店等の複数事業場で不適正な運用実態があると
企業名公表が行われ、書類送検される可能性も出てきます。

そもそも裁量労働時間制の対象業務に従事している人にだけ
適用しているかどうかを、再確認しておくことが大切です。

==================================

今日は、朝ごはんの写真です。
毎日、野菜とタマゴを食べているのですが、
ゆで卵ばかりでは飽きるので、たまにはオムレツです。
意味もなく、いつもケチャップはハート形と決めていますが、
この日は上手に出来たので、写真を撮ってみました。

私は比較的寝起きがよくて、起き上がってしまえば
元気いっぱいな朝です。

改正フレックスタイム制 手引きが公表されました

2019-02-04

【改正フレックスタイム制 手引き】

4/1施行でフレックスタイム制も改正となります。
今までは清算期間が1か月だけでしたが、3か月まで可能となるのですが
その解説資料として、厚労省が手引きを公開しました。

https://www.mhlw.go.jp/content/000474522.pdf

就業規則の改定も必要ですし、労使協定を締結し届出も必要となります。
また時間外労働の清算は、清算期間トータルでするのではなく
週50時間超は毎月清算して支給しなければならないという制限もあります。
あまり導入効果を見込める企業は少ないかもしれませんが
繁忙期と閑散期をうまく組み込むことで効果がでる企業もあるかもしれません。
個人的には運用が大変なので、あまりお勧めしませんが・・・

=======================

今年はインプットの種類として本の量を多くしたいと思い
年明けから継続して本を読んでいます。

どんな本を読んでいるか、ということを公開するのは
ちょっと恥ずかしいのですが、たまにこのコラムで公開することにしたら、
頑張ってたくさん読めるような気がしたので写真を撮ってみました。
写真は、1月に読んだ本たちです。
定期的に本をリストラし、ブックオフに出しますし
Amazonで古本も沢山買います。

話題の「メモの魔力」に影響されて、以前から結構メモ魔ですが
今まで以上にメモ魔になりはじめました。

賃金統計情報

2019-01-21

厚生労働省が不正な手法で毎月勤労統計調査を行っていた問題が大きく報道されていますが
その影響範囲に関する厚労省の発表内容について、事務所のFacebookページで書いていますので
よろしければ、こちらもご覧ください。

https://www.facebook.com/srhamada/

いままで事務所のFacebookページの更新がなかなか出来ていなかったのですが
今年は、今まで以上に情報発信していく予定なので、Facebookページの更新も毎週していく予定です。
是非、併せて応援してください!
Facebookページでは、主に労務関連のニュースのご紹介をしていく予定です。

さて、今週のコラムは毎月勤労統計と少し関連した情報として、賃金統計情報に関することです。

評価をどうすればいいか、昇給はどの程度すればいいのか、そもそも賃金はどの程度が適切なのか、
このあたりのご質問を受けることがあります。
特に最近は、人手不足で人員確保が最重要課題でもありますし
現在活躍してくれている社員たちに継続して仕事をしてもらえる環境づくりが大変重要になってきています。
起業してから少し時間が経過し一定規模になった段階で、
あまり計画的でない、制度化されていない賃金体系となっていることがリスクになってきます。

もちろん、業種やビジネスモデルや規模によって異なるので、
賃金体系にひとつの正解はないのですが、会社の考え方を示すことができる一つのツールではありますので
どこかの制度を引用するだけではなく、自社内でじっくり検討していただくことが大切だと考えます。

話題の毎月勤労統計のほかに、
東京都産業労働局が発表している「中小企業の賃金・退職金事情」も参考になります。
ちょうど平成30年版も公表されています。

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/toukei/koyou/chingin/h30/

============================================

年明けから順調に?!読書をしています。
仕事に関係した内容で、読まなければならない本もありますが
直接関係のない本も沢山読みたいなと思っています。
私は通勤時間が短いので、毎日の電車の中での読書は通勤ではない移動時間だけなのであまり確保できません。
そんなこともあり、ちょっとした隙間時間でもお茶をしながら読書をすることにしています。
15分あればカフェに入る!といつも言っていますが、これは本当です。
電車の中でもスマホを見ているとあっという間に時間が経ってしまうので、
なるべく見ないようにして読書をしたいです。

写真は、休日に入ったカフェで注文したウインナーコーヒーです。
ケーキを食べたかったけど、ガマンした結果です・・・(ガマンになったのかな?)

職場のパワーハラスメント

2018-12-17

忘年会シーズンですね。
週末、テレビのニュースで「忘年会がパワハラにならないよう上司たちは気を使っている」
という話題が取り上げられていました。

お客様からパワハラに関するご相談は多いです。
また私が東京労働局のあっせん委員として仕事をしている中でも
パワハラの案件はとても多いです。

パワハラとは、法的な定義はありませんが
「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、
業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」
と職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議で示されています。

セクハラ、マタハラは防止措置等が法整備されていますが
パワハラはこれから、というところです。
とは言え、最近はとても気にしている管理職の方が多いとは思います。

ハラスメントは職場環境の悪化させる行為とされていますが
上司や先輩の話を聞かず、自分の主張を通そうとすることも
職場環境悪化となり得るので、お互い一定の気を遣いつつも
あまり神経質になりすぎないほうがよいと思ったりしています。

誰かと一緒にいる限り、100%自分の思い通りになることはないです。
どうしてもそれが嫌であれば、自分一人でできる仕事を見つける
ということになりますよね・・・
私は独立してしばらくは一人で仕事をしたのでわかりますが
一人は一人でシンドイものです。
仕事は得意で好きなことばかりではないので、だれも助けてくれない
環境は厳しいものです。
私はこの仕事が好き!といってももし一人であれば
その仕事を営業して取ってくることも出来ないダメ、ということになります。
実は自分の仕事は誰かのおかげで出来ていて、
誰かの役にも立っているものです。
心の余裕をもって、少し広い視野で物事を判断できたらいいですね。

===================================

今年一年をふりかえる季節ですので、私の痩せるぞ!ネタのご報告を!

今年の2月から筋トレを始めました。
目的は引き締まった見た目にするため、でした。
週2~3回程度、トレーニングを続けていたのですが
最初は正直、ほとんど見た目も変わりませんでした。
少しずつ変わってきた自覚が出てきたのは半年を過ぎた8月頃からでしょうか
9月に入ったくらいからは、数か月ぶりにあった人からは
「痩せましたね!」と言われるようになりました。

現時点での結果は・・・
体重は3キロくらいしか痩せていませんが、
体脂肪率は5%近く下がりました。
食事はお昼ご飯を控え目にしている以外は
タンパク質を多めに食べること、
甘いものは、午後に珈琲と一緒に食べること(結局食べている!)
程度で、お酒は相変わらず飲んでいますしストレスフリーです。
だから継続できているのだと思います。

トレーニングは平日の朝に組み込んでいるので
生活スタイルもほぼ変えることなく継続できています。
筋トレ!本当に人生が変わりますのでお勧めです。
もっともっと書きたいことがありますが、この辺で。
いつも適切に優しく褒めながら応援してくれている
トレーナーにも本当に感謝しています!ありがとーーー!!

写真は週末に食べた紅芯大根のソテーです。
京丹後でオーガニック野菜を作っている友人のお店から
お取り寄せしたので、オシャレな食卓になりました。

SORA農園
https://www.facebook.com/soraorganicfarm

年次有給休暇の時季指定義務

2018-12-10

年次有給休暇の時季指定義務が来年の4月に施行されます。
すでにパンフレットなども出ていますので、情報はいろいろありますが、
基本事項を簡単に整理してみたいと思います。

現在、労基法で定められている年次有給休暇の取得パターンは次の2つです。

1、労働者が取得時季を指定して取得する
2、計画的付与の労使協定の締結により、取得時季を指定する

今回の改正のよりこれらに、

3、使用者が取得時季を指定して取得する

が追加されました。
そして、年休付与日数が10日以上である労働者に対して
年5日の時季指定をしなければならない、となっています。
ただし、1や2の方法で5日以上の取得をしている人は除かれます。

どんなに有休消化率が高い企業であっても、全員が5日以上の取得をしているか
ということになると、微妙なことが多いです。
それはほとんど取得していない人がどの企業にも数名は存在するからです。
この改正により上記内容が労基法で定められるので、
1人でも取得していない人がいれば、違法となってしまいますので
要注意です。

=========================

先日、ある業界団体の会議でお話をさせていただくという機会がありました。
今までご縁のなかった業界でしたので、逆に色々なお話を伺えて楽しかったです。
弊所は比較的いろいろな業種の顧問先がありますが、
労基法以外の労働法令も適用される業界はなかなか新鮮です。

写真は、先日開催された社労士制度創設50周年記念式典のパンフレットとお土産です。
式典には天皇、皇后両陛下もご臨席いただいたので、緊張と感動の時間でした。
全国から5000人の社労士が集っていたのですが、あたり前ですが全員同じ仕事をしているのかと
思うと不思議な感じでした。
これからも、お客様のお役に立てるようにしっかり勉強し、アウトプットしていこうと
心に誓いました。

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.