「安全衛生管理」一覧

オンラインでも可能な衛生委員会

2020-09-14

毎月実施しなければならない衛生委員会ですが
オンライン開催も可能という通達が出ました。

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T200901K0020.pdf

ただし、必須条件は次の3つです。

・衛生委員が容易に利用できること
・映像、音声などの送受信が常時安定して意見交換が円滑にできること
・個人情報の情報漏洩防止、不正アクセス防止の措置が講じられていること

その他の条件として、
リアルタイム開催の場合は、意見交換、資料共有などが十分可能であること
リアルタイム開催ではない場合は、
・資料送付から意見検討の時間が十分であること
・質問や意見共有・交換が円滑にできること
・議論の経緯を全員が確認できること ・・・などの
ルールを予め定めて、共有し運用すること

通達を読んでみて、やはりリアル開催ができないのであれば
WEB会議システムを活用して実施できるのであれば、それがよいと思いました。
もちろん、チャットなどを利用してリアルタイム開催ではない方法も可能かもしれませんが、
現実的にはWEWB会議システムで対面に近い状態での開催が現実的でしょう。

当事務所では、衛生委員会の実務についてもサポートいたします。

=========================

9月に入り当事務所では、スタッフ全員が在宅勤務をより積極的に活用しています。
5月に2名のスタッフが入社したこともあり、なかなか在宅がしづらいメンバーも
いたのですが、9月からは万全な環境になっています。
フレックスタイム制も大いに活用して、それぞれがメリハリ仕事をしてくれています。

私はいまの仕事が大好きで、仕事も遊びも全力!!なのですが
メリハリ仕事を強く推奨しています。
スタッフたちにも、仕事以外の時間でもいろいろな刺激を感じて欲しいと思っていて
自分がいろいろなサービスを受けることで、自分たちのサービスについても
考えることができると思っています。
もちろん、仕事以外の時間は自由ですので
仕事のために、ということではないのですが
仕事も遊びも幅広く楽しめたらいいなと思っています。

写真は、ホットプレートで作った餃子です。
フライパンより焼きすぎるリスクが低く、最近はお気に入りです。

日本生産性本部による働く人の意識調査結果

2020-08-03

日本生産性本部が働く人の意識調査結果を発表しています。
今回の調査は7月6~7日に20歳以上の雇用者1,100名を対象に行ったものです。

https://www.jpc-net.jp/research/assets/pdf/attachment1_20200721.pdf

調査結果の一つに、
勤務先の企業が働く人の健康に十分配慮していると感じている人ほど、
会社への信頼度が高いという内容がありました。

具体的には、
会社が健康配慮していると回答している人の42.6%が会社を信頼していると回答し
あまりそう思わないと回答した人の場合は、2.2%
そう思わないと回答した人の場合は、5.2%が会社を信頼していると回答している
という結果でした。

当然といえば当然なのだとは思いますが、
不安が多い状況で、働く環境を整備することで安心して仕事の集中して
もらえるようにすることは、大切なのだと思います。

======================================

コミュニケーションは難しいなぁと、改めて思う出来事がありました。

私は直球勝負型?なので、率直に思いを伝えることにあまり躊躇がないほうです。
もちろん、相手を傷つけるようなストレートさは問題ですが
今までの経験から、自己開示するという意味でのストレートさはよいと思っています。
それは自己開示することにより得られることが多いという経験があるからでしょうか。
結果的に自分にとってもいいことがないプライドは手放すことが、ストレスフリーへの近道だと思っています。

自己開示をせず、どうしても守りたいプライドなんで、よく考えるとあまりないのです。
実はそれほど意味も効果もないプライドを捨てられないのは、単に傲慢なだけで、
傷つくことを恐れていることに過ぎないと思っています。
それに果たしてそれほど傷つくとは限らないこともあるように感じています。
不要なプライドのようなものを手放さない結果、自分の成長を止めてしまうことになるのは、
人生短いのでもったいなくてできない、というセッカチな性格なのかもしれません。
実は、それほど周りの人は私のことを気にしていませんからね、自意識過剰になることなく、
周りから「わかりやすい人」と思ってもらいたいと思っています。

事務所でアイスを食べるのが早い!と褒められたので?
今週もアイスの写真です。
こんなことをしているから、痩せられないんだよというツッコミ、甘んじてお受けします・・・

令和2年9月1日から、労災保険法改正により複数の会社で働いている人の労災給付が変更となります

2020-07-13

いままで、複数の会社で働いている人が
業務上災害により怪我などをされた場合に受給可能な労災給付金は、
事故が起きた会社から支払われた賃金だけで算出されていましたが、
令和2年9月1日以降は、複数の会社から支払われた賃金の合計を基礎に
算出されることになります。

政府は働き方改革の一つとして、兼業・副業を促進していますが
その環境整備の一歩となると考えられます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/rousai/rousaihukugyou.html

=====================================

近所の八百屋さんで見つけた小玉スイカです。
とても甘くて美味しかったです。

好きなフルーツ多くて幸せな季節になりました。
今は、桃、スイカ、マンゴー、パイナップルも好きです!

あと少しすれば、大好きな梨の季節も来るので楽しみですが
待ちきれずに週末にガリガリ君の梨味を食べました。

定期健康診断の実施は延長可能か

2020-06-01

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、いろいろなことが延長になっていますが
会社で実施する年1回の定期健康診断について、厚労省のQ&Aが出ていますので
ご紹介したいと思います。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q6-2

厚労省のQ&Aによると、
令和2年6月末までに実施することが求められる一般健康診断の実施時期を延期することは差し支えない、
いわゆる「三密」を避け、十分な感染防止対策を講じた健康診断実施機関において、
できるだけ早期に実施することし、令和2年10月末までに実施すること、と示されています。
なお、健康診断実施機関の予約が取れない等の事情により、やむを得ず10月末までの実施が困難な場合には、
可能な限り早期に実施できるよう計画を立て、それに基づき実施する必要があるとも示されています。

========================================

簡単クッキングが好きです。
手順を考えながら、順序よく完成すると達成感があります。

これは、もやしを豚バラで巻いて電子レンジで加熱し、タレをかけただけの
簡単、かつクイックメニューです。
タレは、ニラとザーサイを刻んで作るだけなので
電子レンジで加熱している時間にサクサク刻んで完了です!
今回はニラが多めで、パンチがありすぎるタレになってしまいましたが
なかなか美味しかったです。

お料理は、いい気分転換になりますし結構好きです。
ただの食いしん坊、なだけかもしれませんが・・・

妊娠中の女性労働者の新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置適用

2020-05-11

令和2年5月7日から令和3年1月31日までの期間限定ですが、
妊娠中の女性労働者の母性健康管理上の措置に新型コロナウイルス感染症に関する措置が
新たに規定されました。
この根拠は、男女雇用機会均等法に基づく指針(告示)の改正です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11129.html
会社は妊娠中の労働者からの母健連絡カード提出により措置の申し出があったときには
そのカードに書かれた主治医の指導に基づいた適切な措置を講ずる必要があります。

もともと、母性健康管理措置には、通勤緩和や休憩、作業の制限、勤務時間の短縮、休業など
対応しなければならないことがありますが、今回の新型コロナウイルス感染症に関することも
プラスされたというイメージの内容です。

配慮しなければならないことを忘れずに、本人からの申出があれば
スピーディーに対応できるとよいでしょう。

===========================================

新型コロナウイルス感染症の関連で、2つの雑誌に寄稿しました。
セミナーのご依頼は延期ばかりですが、書くお仕事は継続してご依頼いただけることに感謝しています。

これからもしっかり情報発信を継続していきます!

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.