「助成金」一覧

雇用調整助成金の特例

2020-03-30

雇用調整助成金の特例が出ていましたが、
さらに、緊急対応期間の特例措置が出されています。

特例措置
・令和2年1月24日以降の休業等計画届の事後提出が可能
・生産指標の確認期間を3か月から1か月が短縮
・令和2年1月24日時点で事業所設置後1年未満の事業主も対象
・直近3か月の雇用量が対前年比で増加していても対象
・雇用したばかりの労働者についても対象
・過去に雇用調整助成金を受給していた事業主に対する受給制限廃止

緊急対応期間(4/1から6/30)
・生産指標要件緩和(5%以上低下へ)
・雇用保険被保険者でない労働者も対象
・助成率 4/5(中小) 2/3(大企業)
 解雇等を行わない場合は、9/10(中小)3/4(大企業)

詳しくは、こちらを参考にしてください。
https://www.mhlw.go.jp/content/11603000/000614800.pdf

=======================
先日、「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」を見ました。

東大全共闘との討論会で、相手の挑発に乗らず紳士的な態度で
ユーモアもまじえて話す三島由紀夫は本当にかっこよくてしびれました。

熱と敬意と言葉。
特に言葉を深く理解するためにもっと考えなければならないと
痛感しました。
一つ一つの言葉の意味を背景や関係性まで幅広く認識しないとダメですね。

写真は関係ありませんが、ある日のオフィスのデスクランチです。
サラダとゆで卵でタンパク質も摂取してみました。
糖質を意識して、時々こんなランチもしています・・・

障害者雇用関連の給付金

2020-01-27

障害者の法定雇用率は現在、2.2%ですが
2021年4月までに2.3%まで引き上げられることが決まっています。
障害者雇用が課題になっている企業は多いと思いますが
短時間労働の障害者の雇用支援の制度が新たにできましたので参考にしてください。

給付金対象となる障害者は、次の要件のいずれかを満たす必要があります。
支給対象期間に雇用していた障害者の実人数(月数)×5,000円が支給額となります。
(納付金申告義務がある100人超の事業主は7,000円です)

1、障害者手帳等を保持する障害者
2、1年を超えて雇用される(見込みを含む)障害者
3、週所定労働時間が10時間以上20時間未満の障害者

詳細はこちらでご確認ください。

http://www.jeed.or.jp/disability/koyounoufu/tokureikyuufu.html

===================================

1月は講演会やセミナーでお話をする仕事が4回ありました。
私にしては数が多かったので、いつも元気ではあるものの、一応、
万一体調不良になってはならないと心配していましたが、
無事、24日(金)で今月の話す仕事は終わり、ひと安心です。

管理職セミナーでは、現場の意見を生で聞けることもあり
実は私自身がアウトプットするだけでなくインプットも多いです。
様々な現場にふれることで、現場のみなさまに本当に役に立つ情報を
お伝えできたらいいなと思っています。
2月以降に実施する研修講師の仕事も、まだまだ頑張ります!

写真は、先週、東京労働基準協会で講演したときの写真です。

平成30年以降のキャリアアップ助成金について

2018-02-12

厚労省から来年度の以降のキャリアアップ助成金について
発表がされています。
ただし、平成30年度予算の成立および雇用保険法施行規則の改正が
前提となっているため、まだ確定ではありません。

【パンフレット:キャリアアップ助成金の主な変更点のご案内】

キャリアアップ助成金は、非正規雇用労働者のキャリアアップを促進し
正社員化などの取組みをした事業主に対して助成する制度です。
今回の変更点でポイントと考えられる点は次の通りです。

(1)支給要件の追加
正社員転換させた後の要件として、
「転換前後の賃金を比較して5%以上増額していること」
が追加されます。
その他に、有期契約労働者からの転換の場合、
転換前の雇用期間が3年以下に限るという要件も追加となります。

(2)支給申請上限人数の拡大
1年度1事業所あたり15人の上限が20人まで拡充されます。

その他、人材育成コースなどもいくつか変更点がありますので
パンフレットを参考にしてください。

【助成金申請のご依頼について】
弊所では、顧問先企業様に限り助成金申請の仕事をお引き受けしています。
スポットではお引き受けしていませんので、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

=================================

東京都社会保険労務士会の会報に寄稿しました。
開業して9年目で、初めての原稿依頼だったのですが
なぜか重なり、同じ2月号で2つの記事を書いています。
一つは、ボランティア休暇について
もう一つは、委員会の案内ではあるのですが、社労士会が行っている
あっせんの手続きの流れについて、です。

専門雑誌やWEBの記事など、執筆の仕事のご依頼をいただく
きっかけになったのは、事務所コラムでした。
そんなわけで、私の執筆仕事の原点でもあるので
このコラムはこれからもボチボチ?!頑張ります。

DSC_0542DSC_0543DSC_0544

平成29年度 雇用関係助成金のパンフレットが出ています

2017-04-17

平成29年度 雇用関係助成金のパンフレットが出ています。

(簡略版)http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000159988.pdf

(詳細版)http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/koyouantei.html

今年は生産性要件が追加されているものがあり、
今年度より変更・新設された助成金が新たに盛り込まれています。

3/28に示された働き方改革実行計画の中でも
「勤務間インターバル制度」が盛り込まれていましたが
職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を検討されている企業には
参考になる事例集も公表されています。

【勤務間インターバル制度導入事例集】
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/interval/images/data/case_studies2017.pdf

なお、当事務所では、顧問契約をいただいている企業様に限り
助成金の代行申請をお引き受けしています。

助成金は一時的な支援にすぎませんので金額に惑わされることなく
会社のルールを決めるときには、助成金ありきではなく
制度として必要な要素を十分に検討して導入されることをお勧めします。

==================================

先日、日本橋での仕事が早く終わったので
久しぶりに納豆蕎麦を食べに行きました。
特に夏にはいつも食べたくなる利休庵の納豆蕎麦、大好きなのです。

0413

65歳超雇用推進助成金

2016-10-24

10月19日から「65歳超雇用推進助成金」という制度が出来ました。

高年齢者の安定した雇用確保のために
65歳以上に定年を引き上げた場合、
定年の定めを廃止した場合、
希望者全員を66歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度を導入した場合、に
助成されるという内容のものです。

細かい要件はありますが、1年以上継続雇用されている60歳以上の
雇用保険被保険者が1名以上いることが要件の一つになっていますので
ご注意ください。
ちなみに支給額は、65歳への定年引上げで100万円
66歳以上にした場合、定年の定めなしとした場合は120万円となっています。

(当事務所では顧問契約をいただいているお客様に限り
助成金の申請代行をお引き受けしています)

=====================================
先日、新しくお付き合いの始まった企業との就業規則の打ち合わせで
社長のお話を伺っていて、ちょっとした発見がありました。

某大手企業出身の社長は、とても明確に発言される方で
その価値観にとても共感しながら話を進めるなかで、
質問された一つが、これです。

「その手当を出すと、業績がよくなるんですかねぇ。」

私はお客様にいろいろな選択肢をご提案して
お客様の価値観でご判断いただきたいと思っています。
そしてその際に、判断材料となるようなこともお伝えしています。
ただ、それが「業績に明確に直結するか」という観点はありませんでした。

手当によっては、その発生頻度や対象者となり得る社員の特徴のほか、
支給方法による社会保険料への影響などは重要なことです。
そのほかにも、どんな社員がどのように感じるか、
(大手企業出身者とベンチャー企業出身者が感じることはそれぞれ違いますし
男女の違いや、ライフスタイルによっても異なります)
手当の新設により得られる効果などもいろいろ考えてお伝えしてきました。
ただその効果の一つとして考えるポイントに、
会社業績への直接的影響については、お客様が判断することだと
勝手に思い込んでいたように思います。

もちろん、明確な効果はわからないのだとは思いますが
観点として不足していたことを反省しました。

私たちの仕事は、お客様からヒントをいただくことが大変多いので
毎日刺激的で、楽しいです。
もちろんいいことばかりではないですが、
一日の終わりには、いいことだけを考えるようにして
ゴキゲンでいたいなと思っています。

【業務拡大により正社員募集】
当事務所では、正社員を募集しています。
現在は、実務経験者の方だけを対象とさせていただき
社会保険労務士試験合格の方を優遇させていただきます。
(受験生の方でも実務経験者の方はご応募ください)

ご興味がある方は、HPの問い合わせから
メッセージを送っていただければ嬉しいです。
お待ちしております。

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.