「労働時間」一覧

セブン-イレブン残業手当の一部未払い

2019-12-16

コンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパンの残業手当未払いについて
ニュースになっていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191210/k10012209601000.html

加盟店が雇用したパート・アルバイトの従業員給与の計算及び支払いを本部が代行していて
その処理において誤りがあったようです。
内容は、「皆勤手当」「職務手当」などの割増賃金単価に算入しなければならない手当を
算入していなかったため、未払い分が発生しているという内容でした。

パート・アルバイトが対象ということを考えると
時給で給与が決まっている人に対して
時給とは別に皆勤手当等が支給されているにも関わらず
割増賃金は時給のみを考慮して算出していたということだと推測しています。

例えば、時給1200円で、1ヶ月欠勤がなかったら皆勤手当として2000円支給する
という労働条件だったとすれば、
その人が法定労働時間を超えて勤務した際の時給は
1200×1.25=1500円では足りない、という話です。

1200円にプラスして2000円分を時給換算に割り戻して加算した後に
1.25倍した時給単価とする、という計算が正しい方法です。
(内容をわかりやすくために、簡易な表現をしています。)

時給の人に、月単位でも手当を支給している場合は注意が必要です。
また、時給者に限らず月給者も含めて
インセンティブを支給している場合の割増賃金の算出方法は要注意です。

=======================================

12/13の日経新聞の朝刊には、このような広告が出ていました。

知らないところで法違反となっていることがあります。
新たな制度を構築する際には、影響をしっかり確認する必要があります。

私たちは、社労士として労働時間、賃金に関する法的知識をもって
アウトソーシング業務をお引き受けしています。
単に「指示のあったことをそのまま処理するアウトソーサー」ではないところが
我々の強みです。

業界別テレワークハンドブック

2019-11-05

テレワークについてのお問い合わせは、ここ数年多いですが、特に最近は
オリンピックの期間だけでもトライアルで在宅勤務を導入しようかなどとご相談いただきます。

東京都では業界に特化したテレワークハンドブックを作り、活用を支援しています。

https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/hatarakikata/telework/handbook/

業界的に導入は難しいと考えずに、参考にしてみてはいかがでしょうか。

======================================

月末月初ということもあり、先週はバタバタしていました。
自分のスケジュール管理が徹底していないので、期限に追われることになってしまったりするのは
自業自得なのですが、慣れていることも時間がかかることもあるので要注意ですね。

そんな中、10月末でも我が家のハイビスカスが咲いてくれて
朝から元気をもらいました。
冬に向かっていってしまいますが、元気に過ごしたいと思います。

労働時間の考え方:「研修・教育訓練」等の取扱い

2019-10-21

厚労省が研修と教育訓練の時間の取扱いに関するパンフレットを公表しています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000556972.pdf?fbclid=IwAR3d-zbfazbPDUjl6e9QVthlcG6iHroCtYndYP7TInE0yv3lvziN_VQ25b8

研修・教育訓練について、業務上義務付けられていない自由参加のものであれば
労働時間には該当しないとされていますが、具体的に該当する事例と該当しない事例が
紹介されています。

その他に、仮眠・待機時間の取扱いについても説明がされていて
当番制で週に1回、労働者が社用携帯電話を
持ち帰って帰宅した後は自由に過ごすことが認められている場合の
当番日の待機時間は労働時間に該当しないとして例示されています。
この内容はよくお問い合わせもいただく内容ですので
このようにパンフレットで例示されたのは大変ありがたいです。

重要なコンテンツですので、是非チェックしてください。

============================================

水町先生が「詳解労働法」という本を出されました。
菅野先生の労働法の本よりもさらに分厚い本ですが、
早速、ちょこちょこ読んでいます。
改めて基本を確認するときには、必ず活用したいと思います。

建設業現場監督ら、未遂含め5年で自殺30件

2019-10-07

2019年版の「過労死等防止対策白書」が閣議決定され、
建設業の現場監督ら管理技術者に自殺が多発しているという内容が明らかになりました。
建設業の人手不足から過重労働になっているのではないかという指摘です。

建設業の労災は全業種の8.7%に当たる311件でうち未遂を含む過労自殺が54件とのこと。
自殺の原因は、
「長時間労働」(51.9%)
「仕事内容・量の大きな変化」(27.8%)
「2週間以上の連続勤務」(18.5%)
などとなっています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50437580R01C19A0CR8000/

私自身の実感としても、建設業の現場監督は慢性的に人手不足が続いていると感じます。
なかなか若い人が仕事を継続できないことが多く、育成が追いつかないにも関わらず
仕事の依頼は多いため、会社としてはそれを受けないという選択がしづらいということもあります。

最終的には経営判断になりますが、
一定の環境整備ができないと継続できないことを理解して
また人手不足は仕事の量や質を変えるか、人員を増やすかのどちらかをしない限り
自然治癒はしないので、何かしら行動しないと解決しないと考えなければなりません。

========================================

たまには、かわいいものも食べます。
恵比寿アトレの中に入っているGelatopiqueのクレープです。

甘いものが大好き!!というわけではないとは思いますが
結構食べています。
食べても太らない体質になりたいです・・・

平成30年雇用動向調査結果の概要が公表されました

2019-08-26

この調査では、全国の事業所における入職者・離職者の数、入職者・離職者の性・年齢階級、
離職理由等の状況を明らかにすることを目的に実施されているものです。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/index.html

最近は人材不足が深刻化していると言われていますが、
そのような環境下でも、人材のミスマッチが多いことも事実です。

この調査結果では、前職を辞めた理由として、
定年・契約期間満了のほかに、
給与などが少なかった、労働時間・休日などの労働条件が悪かった などが
あげられています。

長時間労働の削減や、柔軟な働き方への制度改正が進む企業が増えたことで
労働条件が悪い企業で働き続けるよりも、転職を選択する人が増えた、とも考えられます。

ただ単に、法改正対応という理由だけではなく
会社側も働く側も、それぞれ相手にもメリットがある変化を
働きかけていくことができれば、両者ハッピーなれないのか、と考えたりしています。

=====================

社労士事務所は夏は保険料申告が重なり、繁忙期なのですが
それも無事終わりましたので、少し時間が立ってしまっていましたが先週
事務所メンバー全員で打ち上げに行ってきました。

今回はスタッフのリクエストによりフレンチに行きましたが
とっても女子ウケしそうなお店なだけでなく、ボリュームもあり
美味しかったです。

普段からみんなでランチには月に1回行っていますが
夜、食事に行けるのはあまり多くないので、
じっくりいろいろな話をきけて楽しかったです。

写真は、前菜のひとつ、野菜のパフェです。
トウモコロシのアイスが乗っていました。
美味しかったです!

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.