濱田京子コラム

人材育成・人事制度

トヨタ パワハラ自殺で和解 

2021.06.14.

  

トヨタの男性社員が2017年に自殺したのは上司のパワハラが原因として労災認定されていた件について、トヨタが遺族が和解したと報道されました。
トヨタの社長は、社員が自殺したことをニュースで初めて知ったとのことで、その事実を知ってから人事制度を変えるなど、具体的に社内体制の見直しがされたようです。
https://mainichi.jp/articles/20210605/k00/00m/040/194000c

ハラスメント防止を浸透させるには、トップの強い意志が必要です。
この問題に限っては、じわじわ自然と改善していくというようなことはなく、トップの強い意志のもと組織の体質改善をしていかない限り改善はないと思います。

時間が解決しないものは、すぐに判断して行動しなければならないですね。

=======================

我が家のハイビスカスが、今年もやっと咲きました。
もう長年我が家にいるハイビスカスですが、やせ細っているので、今年は咲かないかなと思っていたのですが、咲いてくれて嬉しいです。
朝起きて、ハイビスカスが咲いていると元気になります!

  

65歳超雇用促進助成金

2021.05.31.

  

2021年4月1日施行の改正高年齢者雇用安定法により、70歳までの就業機会確保が努力義務化されましたが、これに関連して「65歳超雇用促進助成金」をご紹介します。
ただし60歳以上の雇用保険被保険者が1人以上いることが必須要件です。
【概要】次の4つのいずれかを導入した事業主が対象
A:65歳以上への定年引き上げ      
B:定年の定めの廃止 
C:希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入 
D:他社による継続雇用制度の導入

すでに65歳超の方も継続雇用しているケースもありますので、それを制度化する、ということであればチャンスはあります。
60歳以上、65歳未満の雇用保険被保険者が1人以上10人未満であれば80万円が受給できる可能性がありますので、要件を満たす場合はチェックしてみてはいかがでしょうか。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000139692.html

(当事務所では助成金申請代行は顧問先企業様に限られていただいています)

====================

ゴルフ帰りのおやつシリーズですが、今回はハーバーです。
横浜のおかしハーバーですが、実は初めて食べました。コンビニで売っていました。最近、恵比寿駅近くのコンビニで萩の月が売っていたり、現地でしか買うことができない!ではなくなってきているものが多くて、便利なような残念なような気持ちになります。

  

テレワークの 適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン

2021.04.05.

  

事務所のFacebookページでも書きましたが、先日テレワークのガイドラインが改訂され公表されています。以前のガイドラインは2018年2月に公表されたものでしたが、今回名称も変更されています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000759469.pdf

ガイドラインには、良質なテレワークを推進・定着するために、留意する点や望ましい取組みが示されています。労働時間の取扱い以外にも、コミュニケーションの円滑化、人事評価制度などにも言及されていて幅広い視点で書かれているという印象です。また、長時間労働につながるようなことないように、メンタルケアもしながら「良質」なテレワークを目指してください、というメッセージというところでしょうか。

巻末に安全衛生に関するチェックリストが事業者用と労働者用の2種類準備されています。事業者用のチェックリストの項目は、どれが法定事項なのかということもわかるようになっていますので、参考にしてみてもいいかもしれません。
また労働者用のものも、周知する内容としては有効だと思いますので、是非一度チェックしてみてください。

======================================

弊所顧問先でもある株式会社ショーケースが、東京都が主催する「TOKYOテレワークアワード」で大賞(中小企業部門)を受賞されました!

https://www.telework-rule.metro.tokyo.lg.jp/award/


https://www.showcase-tv.com/

ショーケース社は昨年のとても早い時期からテレワークに移行され、全社員に月20,000円のテレワーク手当も支給されています。
毎月ご一緒している定例MTGでも、新しい取り組みを実現するための方法を検討されていて、いつも前向きな思考で判断が早く、私達も大きな刺激をいただいています。

【参考】「TOKYOテレワークアワード」 とは
東京都は、公労使による「新しい東京」実現会議における構成団体とともに、官民一体でテレワークの定着・浸透に向け、「テレワーク東京ルール」の普及推進に取り組んでいます。そして、「テレワーク東京ルール」宣言企業の中からテレワークに関する先進的・モデル的取組を行っている企業・団体を表彰して広く公表することで、緊急事態宣言下のテレワーク実施気運を醸成する等、テレワークの推進を図ることを目的とし「TOKYOテレワークアワード」を募集・審査・表彰しています。
https://www.telework-rule.metro.tokyo.lg.jp/award/

  

最新「新卒採用継続企業」リストが公表されています

2021.03.01.

  

地域の魅力ある「新卒採用継続企業」の最新情報を
経産省が公表しています。

https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/saiyou/saiyou.html?fbclid=IwAR2sgieo-t0q_wmotcnoHiK-ReZsd4yrFY_m8RgcxtgwwiDWMiozek5QblQ

301人以上の大企業は2021年4月から中途採用比率を公表することが義務化されますが、
一方、中小企業で今年度新卒採用を継続しているリストが公表されるというのは
なるほど、と考えさせられます。

================================
恵比寿に新しくできたビーガンフルーツサンド屋さんに行ってみました。
「fruits and season」というお店ですが、賑わっていました。
ビーガンと言われてもあまりピンとこないのですが、パンと生クリームには
豆乳が使われているそうで、確かに軽い感じで沢山食べることができそうで、
危険です。
とても美味しいのですが、ちょっと高いので、再度購入はないかもしれません。

  

ジョブ型と同一労働同一賃金

2021.02.08.

  

同一労働同一賃金(パート・有期労働法)の改正が
中小企業に対しても2021年4月から施行されます。

昨年の最高裁判決を契機に、具体的な対応についてのご相談が増えていますが
なかなか明確な判断がしづらい点が多いので、考えさせられることも多いです。

それと同時に、最近少し気になっていることがあります。
それは、最近よく話題になっている「ジョブ型雇用」との関係です。
ジョブ型に移行するのであれば、これは同一労働同一賃金の観点からいうと
非正規であることは関係ない、という考えになります。
つまり同じジョブをしている有期雇用者などは、同じ処遇にしなければ
ならないことになります。

職能給で育成のための異動もある正社員、という固定概念にとらわれず
職務全体を見直すことが必要になってきます。
いずれにしても正社員の制度設計だけを単独で考えると、
大きな落とし穴に気づけなくならないようにしなければなりません。

============================

写真は恵比寿に復活したOUCAのアイスです。

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13040777/

以前からファンですが、さらにおしゃれな店内になって
恵比寿に復活しています。

冬は、焼きいもアイスもおすすめですし、
夏は、シロクマアイス(かき氷)もいいですよー!

  
給与計算改善コンサルティング
RECRUIT
給与計算の最強チェックリスト
濱田京子著 出版書籍
濱田京子コラム
社労士コラム

お電話でのお問い合わせ

03-5422-6550

受付時間: 平日 9:00 〜 17:00

メールでのお問い合わせ