濱田京子コラム

休日・休暇

年休5日の時季指定を怠り書類送検(愛知)

2021.08.02.

  

給食管理業の会社が有休取得の義務化の対応をしておらず、2021/7/8に店長3名が労基法39条違反で書類送検されたというニュースです。

https://www.rodo.co.jp/news/109118/

年次有給休暇が10日以上付与されている労働者6人が対象とのことで、その中にはパート・アルバイトも含まれているそうです。どうやら複数の相談が労基署に寄せられていたようで、彼らは1日の有休を取得できていなかったようです。休む場合は店長自身が代理で出勤しなければならなかったようで、店長は有休申請に応じていなかったと報道されています。

ここまで悪質なケースは少ないとは思いますが、有休取得する際に代理を自分で見つけなければならないというローカルルールをアルバイトには課している会社に以前出会ったことがあります。確かに現場は急に休まれてしまうと困るので、このような対応をしたくなることはわかりますが、ルールの決め方は少し工夫が必要です。パート・アルバイトであっても勤続年数が長いと年10日以上の有休を付与することになるケースがありますので、要注意です。

==========================

熱海・伊豆山を応援しようと、母校のOGが立ち上げた支援金システムがあり、
早速参加しました。

写真はそのお礼でいただいた温泉まんじゅうです。

  

改正育児・介護休業法

2021.06.21.

  

改正育児・介護休業法が公布されました。
男性育休の話題ばかりが報道されていますが、それ以外にもいろいろな改正が予定されていて、施行日は来年4月1日から順次、となります。

そもそも法改正の趣旨は、男女ともに仕事と育児などを両立できるようにするための環境整備にありますので、ただ「休める」という制度だという伝え方では不足かなと思います。

育児や介護をすることで、仕事にも好影響があることが望ましいですし、一時的に職場を離れることで視野が広がるきっかけになることもあるので、「休めるからお得な制度」という認識にならないように社内説明ができればいいですね。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

=====================

起きている事実は同じでも、捉え方次第で気持ちも行動も変わることを忘れないように、伝えるときにはどのように伝えたいのか、という意思をもって、判断していきたいと思います。

写真は、鎌倉カスターです。
ふわふわした生地とカスタードは、鉄板です!

  

12月末まで延長になった新型コロナ雇用支援策

2020.09.07.

  

雇用調整助成金の特例措置が2020年12月末まで延長されましたが
それ以外にも、延長されているものがあります。

https://www.mhlw.go.jp/stf/enchou201231.html

小学校休業等対応助成金の対象期間と
休暇取得支援助成金(母性健康管理)の事業主が休暇制度を周知する期限が延長されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13261.html

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13226.html

それぞれ詳細情報は今後、公表されると思いますので
必要に応じて確認して下さい。

========================================================
ゴルフの練習に行くたびに痛感することがあります。
それは「わかることとできることが違う」ということです。

わかっても出来ていないという事実は、素直に認めているつもりですが
それでも、なかなか思い通りにできないのです。
時間がかかるけれど、少しずつでも前進はしている?はずなので
これからも根気強くやるしかないですよね・・・。

「わかることとできることは違う」というのは、
仕事でも同じだと思っています。
人に指摘はできるけれど、自分はできないということがないように
しなければなりません。
そのためにも、毎日アウトプットし続けたいと思います。

写真は元気に咲いている我が家のハイビスカスです。
今年は咲く量が少なかったですが、頑張っています。

  

退職者に対しても有休は年5日取得させる必要があるか

2019.09.09.

  

今年の4月からの改正法により、年次有給休暇は年5日取得させる義務がありますが
(年10日以上の年次有給休暇が付与される人が対象)
途中で退職する人についてはどうなるのか、というご質問を受けることがあります。

これについては厚労省が出しているQAで「取得することが原則」と回答しています。
したがって、退職日まで5日以上ある場合は、取得させることが正しいわけですが
突然の退職などの場合などについては、
「突然の退職などにより義務を履行できなかった場合は、個別の事情を踏まえた対応」
とも回答しています。

厚労省のQA(平成31年4月)

=====================================

急に雨が降ったり台風だったり、不安定な天候ですが
まだまだ夏が名残惜しい季節ということで、
季節先取りではなく週末は、まだまだビーサンです。

写真は関係ないですが、先日の事務所ケーキの日に食べた
KIHACHIのお菓子です。
いろいろ新しい商品が出てくるので楽しいです!

  

イクメン推進休暇なぜ廃止? ストライプ石川社長に聞く

2019.07.22.

  

2019/7/17の日経新聞で、旧クロスカンパニー(現ストライプインターナショナル)の社長の
インタビュー記事が掲載されていました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47296180S9A710C1TJ1000/

内容は、既にある男性の育児参加を促す社内制度を3月に廃止したことに関してです。

その社内制度を廃止した理由は、男性が育児休暇を取得する社風ができて定着したので
もう制度は必要ないと判断したということでした。
また、「未婚社員からの意見も入れてバランスを取る段階になった」とも
コメントしていました。

育児をしている人を支援する制度は多いですが、
育児をしていて働く時間に制限がある社員と一緒に働く人が
その分のカバーをしているケースは多く、一定以上の差が出てくると
バランスが悪くなってしまいます。
このバランスが悪い環境からハラスメントに繋がることが多いと考えられるため
未婚社員など育児や介護をしていない社員との調整は必須です。

働き方やライフスタイルの多様化から、働く人の環境も多様化しているため
「お互いさま」と思える範囲が狭くなっています。
会社の支援方法も多様化すべきで、事実をとらえる視点を変えてみることは
大変重要だと思います。

=====================================

先日、顧問先の担当者の方から誘っていただき
ソムリエの林茂さんが主催されているイタリアワインの会に参加しました。

ワインは詳しくないのですが、好きなので
沢山美味しいワインをいただけるだけでも、幸せな時間でした。
そして、クイズに答えて正解が多い人にお土産をいただけるということで
ちゃっかり本をいただいて来てしまいました。

私は以前からジャンケンやビンゴとか、抽選のようなものに案外と強くて、
先日は野球のチケットをいただく、ということもありました。
「こんなところで運を使ってしまっていいのか?」という思考ではなく
どんどん運を呼び寄せちゃったー!という思考でいこうと思います。

  
給与計算改善コンサルティング
RECRUIT
給与計算の最強チェックリスト
濱田京子著 出版書籍
濱田京子コラム
社労士コラム

お電話でのお問い合わせ

03-5422-6550

受付時間: 平日 9:00 〜 17:00

メールでのお問い合わせ