「事務所理念」一覧

あけましておめでとうございます

2020-01-06

大晦日にNHKで放送していた緒方貞子さんの特集を見て
心に残ったことを少しご紹介したいと思います。
(私が解釈して言葉にしていますので、緒方貞子さんの発言通りではありません)

【「する」と決めてからする方法を考える】
これは、国連(アメリカ)の仕事のオファーがあったとき、
お子様がまだ小さかったので迷っていると、緒方さんのお父様が
「行きなさい。どうするかは考えればいい」とおっしゃったというエピソードからの言葉です。

できる方法を考えたうえで、するかしないかの判断をしがちですが
その判断は、できる方法があるからではなく
したいか、したくないか、
すべきか、するべきでないか、で判断したいと思いました。
シンプルに、クリアに、スピーディーに判断したいです。

【目的は何かを考えて判断する】
当時の状況ではクルド人がルール上は難民の定義から外れるから、という理由で
手を差し伸べないという判断をしそうになっていた会議で
ルールを守ることが目的ではないと発言したエピソードからの言葉です。

世の中はいろいろなルールにより秩序が保たれているとは思いますが
ルールを守ること自体が目的になってはならないことを再認識しました。
今までも目的は何か、ということをいつも意識してきましたが、
もっと確実に実行できるように、フラットな気持ちで日々の判断をしていきたいです。

【リスペクト】
難民問題で必要なことは、尊重「respect」というメッセージです。

ハラスメント防止でも、私は「尊重」が最も重要だと考えていましたが
やはりどのシーンでも相手を尊重することを忘れないように過ごしていきたいと思います。
「尊重」、これは言うのは簡単ですが、いつでもできているか、というと
実は自信がありません。
ついつい私は、判断をスピーディーにしたいと思いがちなので要注意です。
今年は今まで以上に相手を尊重した言葉かどうか、意識していきたいと思います。

年末年始はいろいろなインプットと思考の整理ができました。
日々多くの判断をしていますが、その基準を再認識することができて少しスッキリしました。
今年1年、しっかり実行して結果に結びつけていきたいです。

今年もよろしくお願いいたします。

仕事納め

2019-12-28

今年も無事に仕事納めの日を迎え、みんなで納会ランチに行ってきました。

今年はチームメンバーが誰一人退職せず、さらに年明けから1名増員となり
新年からは7名のチームで事務所を運営していきます。

これからもそれぞれが自分の役割を理解し、チームの力でお客様のお役に立てるように
実力をつけていきたいと思っています。

納会ランチは、Lawry’sのローストビーフで盛り上がりました。
これからも、真面目に取り組む仕事から得られる達成感を沢山味わえるように、
また、困難なことばかりではなく、やってみたら楽しかった!と感じられる仕事を
みんなでしていきたいと思います。

今年も、このコラムにもお付き合いいただきありがとうございました。
来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

セブン-イレブン残業手当の一部未払い

2019-12-16

コンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパンの残業手当未払いについて
ニュースになっていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191210/k10012209601000.html

加盟店が雇用したパート・アルバイトの従業員給与の計算及び支払いを本部が代行していて
その処理において誤りがあったようです。
内容は、「皆勤手当」「職務手当」などの割増賃金単価に算入しなければならない手当を
算入していなかったため、未払い分が発生しているという内容でした。

パート・アルバイトが対象ということを考えると
時給で給与が決まっている人に対して
時給とは別に皆勤手当等が支給されているにも関わらず
割増賃金は時給のみを考慮して算出していたということだと推測しています。

例えば、時給1200円で、1ヶ月欠勤がなかったら皆勤手当として2000円支給する
という労働条件だったとすれば、
その人が法定労働時間を超えて勤務した際の時給は
1200×1.25=1500円では足りない、という話です。

1200円にプラスして2000円分を時給換算に割り戻して加算した後に
1.25倍した時給単価とする、という計算が正しい方法です。
(内容をわかりやすくために、簡易な表現をしています。)

時給の人に、月単位でも手当を支給している場合は注意が必要です。
また、時給者に限らず月給者も含めて
インセンティブを支給している場合の割増賃金の算出方法は要注意です。

=======================================

12/13の日経新聞の朝刊には、このような広告が出ていました。

知らないところで法違反となっていることがあります。
新たな制度を構築する際には、影響をしっかり確認する必要があります。

私たちは、社労士として労働時間、賃金に関する法的知識をもって
アウトソーシング業務をお引き受けしています。
単に「指示のあったことをそのまま処理するアウトソーサー」ではないところが
我々の強みです。

【スタッフ募集】

2019-11-18

今日は労務ネタのコラムをお休みさせていただきます。

当事務所では現在、正社員を募集(増員募集)しています。
社会保険労務士としてプロの仕事をしたいとお考えの方と一緒に仕事をしたいと思ってます。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-140528-4-3-1/

○背景○
現在、当事務所では人手不足で困っているというわけではありませんが
今後のために、より組織を強化していきたいと考えています。

エキップとはフランス語で「チーム」という意味です。
私たちは人事労務のプロがチームとなって仕事ができる環境づくりに
力をいれていますので、この考え方に共感していただける方に
是非ご応募いただきたいと思っています。

ご希望があれば、事務所見学も受け付けていますので
マイナビからのご応募のほか、当事務所のHPの問い合わせページからでも
ご連絡ください。

APACにおける就業実態・成長意識(調査結果)

2019-11-11

パーソル総合研究所が、APACにおける就業実態・成長意識をテーマに
調査した結果を公表しています。

https://rc.persol-group.co.jp/research/hito/files/hito_R6_201910.pdf

なかなか興味深い調査結果もありますし、
見やすくまとめられているので、是非見ていただければと思います。
私が特に気になったのは、日本人は働くことで成長を求めている人が少なく、
自分の成長のために何もしていない人が46%もいる、ということです。

とくに自己研鑽のために取り組んでいることの調査では
すべての項目で日本は最も割合が低くなっています。
読書も断トツで低い数字ですが、語学学習については、
英語圏でない国にも関わらず10%という低い数字になっています。

自己投資の意欲が高くならない環境を変えていくためには
いったい何が必要なのでしょうか。

========================================================================

先日、HPからお問い合わせをいただき仕事の依頼をしてくださった企業の社長と
お打ち合わせをしていたときに、当事務所の名称やHPなどについて褒めていただきました。

エキップとは、フランス語でチームという意味で
私は「チーム」にこだわって事務所経営をしているのでこの名前にしたのですが
この名称も褒めていただき、嬉しかったです。
私はマーケティングに詳しいわけではありませんが
色々な偶然により、なんとなくHPも機能しているのかもしれません。

人を褒めることは結構しているつもりですが、
私が誰かに褒めてもらうことは少ないので、嬉しかったです。

コラムを継続していることも褒めていただいたのですが
たまに、であってもこんないいことがあるのであれば、
このコラムも、一生?!やめられそうにありません。

写真は全く関係ありませんが、先日食べた桜えびのかき揚げ蕎麦です。
桜えびだけ!! 美味しかったです!

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.