濱田京子コラム

事務所理念

2021年 あけましておめでとうございます

2021.01.04.

  

新年あけましておめでとうございます。

今年は年末年始のお休みが短かったので、あっという間に日常生活に戻っています。
2020年は、予定通りに行かないことも多かったのですが、
それもチャンスと思って、2021年はより柔軟に過ごしていきたいと思います。

毎年、年末年始にいろいろと目標を考えるのですが
目標も1年単位では世の中のスピードについていけないので、
今年からは、自分を振り返るタイミングをもっと短い期間ですることにしました。
そのほかにも数値目標もいろいろ立てるのですが、
こちらはあまり無理のない現実的な数値とすることにしました。
昨年は、ちょっと無理をしすぎて、もともとの目的を忘れてしまうような
ことになってしまいそうだったので、反省です。
ちなみに数値目標は、英語学習関連事項、ゴルフ、トレーニングなどの
プライベートばかりですが。

来週からはこちらのコラムも通常通りに労務ネタをご紹介します。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真は年末の納会代わりのKintanの焼肉弁当です。
上手に写真が撮れていませんが、キムチや韓国のりもついていて
とっても美味しかったです!

  

2020年 仕事納め

2020.12.27.

  

本日(2020/12/28)、事務所は仕事納めです。
新年は、1月4日から通常通り営業いたします。

今年は、コロナという予想もしていないことが起きたことで
いろいろと想定外なことを考え、知恵を絞ることが多かったのですが、
無事年末を迎えることが出来てホッとしています。

このような環境であったにも関わらず
今春に、ある大手企業の業務を受託したことをきっかけに、
スタッフ達とともに大きく成長した一年となりました。
事務所運営としても次のステージが入ったと実感しているので
顧問先の期待を上回ることができるくらいのサービス提供をしたいと思います。

また今年は、今までなかなか気軽に開催できなった顧問先企業向けのセミナーも
WEBのツールを活用することで数回開催できたこともとてもよかったです。
やはりどのような環境でも新しいチャレンジをすることは出来るので
考えすぎずに、行動していきたいと思います。

そして2021年も、スピーディにスマートに、いつも元気にご機嫌さんな人で
仕事をしたいと思っています。

写真はスタッフたちからお誕生日にプレゼントしてもらったお花です。
カードにぎっしりコメントをもらって、とっても嬉しかったです!!
これでまた1年頑張ることができそうです!

  

セミナーコンテンツ「マネージメント力の向上」

2020.12.14.

  

厚労省で「マネージメント力の向上」のためのセミナーコンテンツが公表されています。
これは令和元年度に実施したセミナーだったようですが(私は知りませんでしたが・・・)
それを社内研修などで活用できるように公表されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/management_kyouka.html

私はまだ内容を見れていませんが、意外と研修コンテンツとして
活用可能なものも公表されているのですね。

ハラスメントに関するものも以下のサイトでいろいろ準備されています。

https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/

=========================

先日NHKの逆転人生という番組で
ラグビー日本代表チームのメンタルコーチだった荒木香織さんが取り上げられていて
大変興味深く見ました。

彼女が言っていた「心を鍛える10か条」は次の通りです。

1,家族・友人・同僚との友好な関係性を重視する
2,自分自身を理解する
3,現実的な目標を掲げ、大義を確認する
4,成果や良かったことを確認する
5,グレーゾーンを受け入れる
6,大げさに反応することをやめる
7,とにかく前向きにアクションを起こす
8,人生を長い目で見る
9,楽観的に物事をとらえる練習をする
10,機転を利かせる

自分自身に対してだけではなく、
周りの人に対しても、成果や良かったことを認めて
長い目で考えられるようにしなければ!と思っています。
また、いつも事務所でもよく言っていますが
いつでも目的(大義)を理解することが問題解決のスタートとなります。
これからも必ず大義を意識して行動したいと思います。

写真は、お客様の新店舗で飲んだビールです。
恵比寿の「薑(はじかみ」です。
どのお料理もとても美味しいので、おすすめです!

  

マイナビレポート:新入社員の満足度について

2020.11.23.

  

マイナビが2019年3月に卒業した学生623名を対象に行った調査結果が公表されています。

https://www.mynavi.jp/news/2020/11/post_29023.html

「配属先満足度」、「社員の印象と帰属感」、「将来のキャリア展望」が
入社半年後の満足度に影響しているという分析結果になっていますが

満足度が上昇したグループが得ていた情報が
「社員の人間関係に関する情報」と「自分が成長できる環境があるか」

一方、満足度が下降したグループが得ていた情報が
「企業経営の安定に関する情報」と「経営理念・企業理念」

となっていました。

この結果から、新卒入社については
自社の一般的な情報だけではなく、コミュニケーションの中から得られる情報が
個人の満足度を上げていると考えられます。

仕事は毎日の積み重ねで、小さな成功体験の積み重ねでもあり
それにより、モチベーションを維持できるところがあります。
やはり、一緒に働く人達からの支援が本当に重要なのだと思います。

====================================
先週は事務所主催のセミナーをZoomで開催しました。
内容は最近の法改正についてとコロナによって相談が多い事象のポイント解説でした。
私自身もWEBで実施されるセミナーに何度か参加していますが、
時間は1時間程度がいいなと思っていたこともあり(それ以上では疲れる)
今回1時間にしましたが、好評でした。
というのも、セミナーと同時にWEBでアンケートもお願いしたので
その結果をすぐに見ることができました。
会議室ビジネスや、セミナーを主催している会社なども
コロナで環境が大きく変わってしまいましたね。
私達にとっては、様々なツールを手軽に使えることは本当にありがたいことです。
しっかり時代に乗って!?活用していきたいと思います。

写真は、先日のゴルフ帰りに購入した納豆です。

藁に包まれた納豆は、幼いときによく食べました。
こんな立派なものではないですが、お豆腐屋さんで売っていたのを
よく覚えています。

・・・しかし最近、
自分の昔話が「大昔の話」になっているような気がして怖いです・・・。

  

【雑感コラム】結論から言う

2020.09.28.

  

今日は労務ネタをお休みして、最近の出来事を書いてみたいと思います。

私は英語の勉強のため、レアジョブを毎日しているのですが
(レアジョブは、1回25分のレッスンをスカイプで毎日受けることができるサービスです)
ある時、レアジョブの先生から「今の発言は答えになっていない」と指摘されてしまいました。

先生は「Do you・・・?」と質問しているのに
私は、それに対してYesともNoとも言わずに、話すことができる英語で必死に話していたのです。

長文の質問をされてしまうと特に、何を質問されていたっけ?となりがちで
確実に質問事項が理解できていないので、わかる範囲で自分なりに答えているので
このようなことが起きてしまっていました。

実は普段、日本語で仕事をしている私の日常の中で
スタッフに「まずは質問に答えてから説明しようね」とアドバイスしていることがあるのですが
それと同じ状況が英語では自分にも起きている、ということに改めて気づかされました。
そして、質問に即答できないときにその人に何が起きているのか、ということが
よくわかったような気がしました。

質問の内容がよく理解できていないから、まず結論から答えることが出来ない
ということが多いのだろう、ということです。

英語の勉強をしつつも、それだけではなく、
マネジメントについて考えさせられる出来事でした。
まずは日本語で、相手に理解してもらえるような説明ができるように
再度自分の発言にも気をつけたいと思います。

========================================

写真は、連休中に作ったお昼ごはんの牛丼です。
自然光だときれいな写真が撮れますね!

  
給与計算改善コンサルティング
RECRUIT
給与計算の最強チェックリスト
濱田京子著 出版書籍
濱田京子コラム
社労士コラム

お電話でのお問い合わせ

03-5422-6550

受付時間: 平日 9:00 〜 17:00

メールでのお問い合わせ