8月, 2020年

最低賃金の答申が出そろいました

2020-08-31

各都道府県の最低賃金審議会の答申が出そろっています。

今年は東京都は改定せず、1013円のままです。
ここ数年は、20円以上引き上げられることが多かったのですが
今年は全体的にも1~3円の引き上げとなっています。

改定後の全国加重平均額は902円(昨年度901円)
最高額(1,013円)と最低額(792円)の金額差は、221円(昨年度は223円)です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13061.html

=================================

毎月スタッフたちと個人面談をしています。
なかなか普段一緒に仕事をする時間や、話をする時間が少ないスタッフもいるので
ちゃんと時間をとることは、大切だと思って継続しています。

面談の時間は、必ずしもスタッフたちのための時間ではなく、
私自身のエネルギーの源になっていると感じることもあります。
スタッフメンバーが増えたことで悩みも増えたと思っていましたが、
喜びも増えたとも感じます。いやいや、幸せなことです。

写真は先日お客様にいただいた立派な羊羹。
脳にしっかり糖分補給したいと思います。
職種的に超ワクワクするような仕事は難しいかもしれませんが
ジワッと感じる達成感を得ることができる職場文化を
しっかり作っていきたいです。

女性管理職 7.8%どまり

2020-08-24

帝国データバンクは、2020年女性登用に関する企業の意識調査の結果で
企業の女性管理職の割合は前年比0.1ポイント増の7.8%だったと発表しています。
(ちなみに、政府目標は2020年までに30%)

業種別では、小売が最多で12.8%、次いで不動産12.2%、サービス11.5%など
となっていて、最も低かったのが建設で4.3%だったとのことです。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62780450Y0A810C2TJ1000/

顧問先の建設関係の会社から伺った話では
女性の現場監督を採用しても、まだまだ現場は男性中心なので
深夜の現場などは女性一人では参加させられない、など
幅広い課題も色々あるようです。

私個人は、男性だから女性だから、ということをあまり意識していませんが
まだまだボードメンバーは男性ばかりという企業は多いですし
大きな組織になるほど、女性管理職は少ないと感じています。
ただ働く女性の意識も、遠慮なのか、謙遜なのか、控えめが美徳と教育されているのか、
任せたいと思ってもらえるための自信を身につけようとしていない人も
いるようにも感じます。

ちゃんとできないと厳しく指摘されてしまう環境ではなく
チャレンジした人を称賛する環境整備が必要ですね。
もっともっと上手に褒めることができるようになりたいです。

===============================

事務所はお盆休みはなく、通常通りに営業していました。
スタッフたちも、自分のスケジュールに合わせて休むようにしているので
基本的に自由です。
私は会社員時代もお盆休みがある会社で働いたことがないので
違和感はないのですが、やはりお客様からのご相談なども少なくなるので
ちゃんと計画的に仕事をすすめることが出来て、いい時間でした。

アイスを食べて?!引き続き元気に過ごしたいと思います!

前職調査のサービス

2020-08-17

リファレンスチェックというサービスをご存知でしょうか。
ROXXという会社が、back checkというサービス名で提供しているもので
前職の実績・人物像などを第三者に照会し取得できるサービスだそうです。
ミスマッチを防ぐために、履歴書等だけではわからない情報も確認できるものとのこと。
あくまでも本人了承のうえで、前職の上司・同僚・部下などからヒアリングをする
という仕組みとなっているようです。
https://backcheck.jp/

採用する側の企業にとっては、履歴書や面接だけではわからない情報を
得ることができるので、いいサービスだとは思いますが
応募者側の気持ちはどうかなと、少し心配になります。
そもそも、ヒアリングしてもいい前職の同僚等を推薦者として応募先の会社に
伝えるということに強制力がなくても、同意しないと採用ステップから脱落する可能性が
あると思ってしまうでしょうから、結果的に強制力があることと同じと考えられます。

もちろん、このようなことを気にしない人を採用したい会社であれば
問題ないとは思いますので、興味があれば是非チェックしてみてください。

採用と教育は、経営にとって大変重要な課題です。
会社によって状況は異なりますし、成功する方法は一つではないはずなので
(そもそも何が成功と考えるか、にもよりますが)
私もいつも考え続けています。
時々投げ出したくなることや傷つくこともあります。
いずれにしても「お互いさま」でもあるはずなので、頑張りたいとは思っています。
ただ一つ、「諦めない」ということだけは決めています。

=====================================

梨と桃!幸せなデザートです。

美味しいものを食べて、いつもゴキゲンでいたいです。

社会保険適用拡大等が盛り込まれた年金制度改正法

2020-08-10

年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律が成立し、6月5日に公布されました。
ここで、企業として抑えておきたい2つのポイントを解説したいと思います。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000147284_00006.html

1,社会保険の適用拡大
現在、501人以上の事業所に限り適用されている短時間労働者を適用対象とする内容が
2022年10月から101人以上、2024年10月から51人以上の適用事業所に拡大されます。

2,雇用期間の要件が変更
現在、短時間労働者の適用要件の1つ「雇用期間が1年以上見込まれること」が
1年以上から2か月超に変更になります。

ちなみに現在、501人以上の事業所でない企業は
正社員の4分の3以上の所定労働時間のパート・アルバイトが被保険者となり得ますが
法改正により4分の3基準に該当しない場合であっても、
次の要件すべてを満たす場合は被保険者になるという内容が短時間労働者の適用拡大となります。

① 1週間の所定労働時間が20時間以上あること
② 雇用期間が1年以上見込まれること →1年以上が2か月超へ変更予定
③ 賃金の月額が8.8万円以上であること
④ 学生でないこと
⑤ 厚生年金保険の被保険者数が常時501人以上の適用事業所に勤めていること →人数規模も変更予定

今後は、パート・アルバイトを雇用する際に必要となる法定福利費が多くなることを
考慮して検討する必要が出てくることになります。

===========================================

高カロリーですが、たまにカレーが食べたくなるので作ります。
がっつり食べることは気がひけるので、一口カレーと言い訳しながら食べますが
写真の日は、決して一口ではない量でした・・・。

20年くらい前にスペインに遊びに行ったときに買った器を
今でも大事に使っています。
自由に海外旅行ができる日は、いつになるのでしょうか。

日本生産性本部による働く人の意識調査結果

2020-08-03

日本生産性本部が働く人の意識調査結果を発表しています。
今回の調査は7月6~7日に20歳以上の雇用者1,100名を対象に行ったものです。

https://www.jpc-net.jp/research/assets/pdf/attachment1_20200721.pdf

調査結果の一つに、
勤務先の企業が働く人の健康に十分配慮していると感じている人ほど、
会社への信頼度が高いという内容がありました。

具体的には、
会社が健康配慮していると回答している人の42.6%が会社を信頼していると回答し
あまりそう思わないと回答した人の場合は、2.2%
そう思わないと回答した人の場合は、5.2%が会社を信頼していると回答している
という結果でした。

当然といえば当然なのだとは思いますが、
不安が多い状況で、働く環境を整備することで安心して仕事の集中して
もらえるようにすることは、大切なのだと思います。

======================================

コミュニケーションは難しいなぁと、改めて思う出来事がありました。

私は直球勝負型?なので、率直に思いを伝えることにあまり躊躇がないほうです。
もちろん、相手を傷つけるようなストレートさは問題ですが
今までの経験から、自己開示するという意味でのストレートさはよいと思っています。
それは自己開示することにより得られることが多いという経験があるからでしょうか。
結果的に自分にとってもいいことがないプライドは手放すことが、ストレスフリーへの近道だと思っています。

自己開示をせず、どうしても守りたいプライドなんで、よく考えるとあまりないのです。
実はそれほど意味も効果もないプライドを捨てられないのは、単に傲慢なだけで、
傷つくことを恐れていることに過ぎないと思っています。
それに果たしてそれほど傷つくとは限らないこともあるように感じています。
不要なプライドのようなものを手放さない結果、自分の成長を止めてしまうことになるのは、
人生短いのでもったいなくてできない、というセッカチな性格なのかもしれません。
実は、それほど周りの人は私のことを気にしていませんからね、自意識過剰になることなく、
周りから「わかりやすい人」と思ってもらいたいと思っています。

事務所でアイスを食べるのが早い!と褒められたので?
今週もアイスの写真です。
こんなことをしているから、痩せられないんだよというツッコミ、甘んじてお受けします・・・

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.