労働時間制度改革

6月が始まりました。
弊所は6月が創立記念月なので、気持ちも新たになる月です。

さて、先週は産業競争力会議で議論されている労働時間制度改革について
大きなニュースになっていました。
まだ確定していないことばかりですが、裁量労働制の適用範囲が拡大されることは
確実だと思いますので、今後の動きに注目です。

産業競争力会議 資料(一部)「個人と企業の持続的成長のための働き方改革」

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/kadaibetu/dai4/siryou5.pdf

残業代ゼロと散々言われていますが、労働時間と報酬がリンクしている現在の
労働時間管理から、ペイフォーパフォーマンスの考え方へ移行するための制度ですので
必ずしも労働者が損するわけではないのです。
残業代ではなく、個人が能力を高めて生産性を上げて成果を出すことができれば
逆に働きやすい環境になるというものです。

一方、この考え方を悪用する企業も出てくるのではないか、という問題があることは事実ですが
労働者は働く場所を自ら選ぶことができるのですから、そのような企業は人材不足となり
事業を継続できないという状況になれば淘汰されるわけです。

いい人材を採用し、教育し、事業発展・継続するためには
働く人をやる気にさせて能力を引き出し、発揮してもらうことが最も効率的です。

====================================

6月に入り、弊所にも労働保険料の申告書が送られてきました。
緑色の封筒を見ると、今年も申告の季節がやって来たことを実感します。

季節を感じるといえば、この時期は、やはりアジサイです。
事務所の前の道に、大きなアジサイの木があります。
今日はアップで撮影してしまったので、木の大きさをお伝えできないのですが
アジサイがこんなに大きな「木」になるとは知らなかったです。
この事務所に移転してきてちょうど丸2年ですが
毎年アジサイに元気をもらっています。

0602

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.