2021年4月施行で70歳までの就業確保が努力義務になります

高年齢者雇用安定法が2021年4月1日に改正され、70歳までの就業確保が努力義務となります。

パンフレットはこちら
(簡易版)
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000691021.pdf
(詳細版)
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000690301.pdf

現時点では、65歳までの雇用確保義務が課されていますので
65歳定年にしているか、65歳までの継続雇用制度を導入しているか
定年自体がない制度としているか、などが考えられますが、
改正後は、次のいづれかの措置をすることが「努力義務」となります。

①70歳までの定年引き上げ
②定年制の廃止
③70歳までの継続雇用制度の導入
④70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入
⑤70歳まで継続的に以下の事業に従事できる制度の導入
・事業主が自ら実施する社会貢献事業
・事業主が委託、出資(資金提供)等する団体が行う社会貢献事業

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1_00001.html

今回追加された部分は、「努力義務」であることのほか、
「雇用確保」ではなく「就業確保」となり、直接雇用以外の選択肢も増えます。
今後、どのようにシニアを活用していくかということも検討したうえで
制度設計することが望ましいでしょう。

======================================

先日、国立競技場近くのJAPAN SPORT OLYMPIC SQUAREに仕事があり
行ってきました。

ビルの中の展望エリア(という名称だったかは不明ですが)からの
眺めが素晴らしかったです。(写真は撮り忘れましたが)

眺めのいいオフィスに引っ越してみたいです。
(弊所は3階で、眺めがいいわけではありません。)

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.