派遣労働者の休業手当の問題

派遣労働者の給与は、派遣元が支給していますが
その原資は派遣先が派遣元に支払っている派遣料金です。
今回のようなケースで派遣先の事業所が休業した場合でも
派遣労働者に支払う休業手当は派遣元が派遣労働者に払うわけですが、
その費用はだれがどのように負担するのか、という問題があります。

すでにこの問題は顧問先企業から多くのお問い合わせをいただいていて
その対応をしていますが、厚労省が出しているQ&Aに、雇用調整助成金の利用も含めて
記載がありましたので、ご紹介したいと思います。

https://www.mhlw.go.jp/content/000629738.pdf
(派遣先から損害賠償を受けた場合の雇用調整助成金の利用)問3

厚労省の案内では、休業手当の費用負担については
派遣契約等に基づき、派遣元事業主と派遣先との間でよく話し合ってください、とありますので
この点については派遣契約をベースに両社での話し合いをして決めることということになります。

派遣元が、今回の休業が派遣先都合による派遣契約の中途解除と同様に考える
というスタンスであれば、労働者派遣法第29条の派遣先に求められる義務の議論にも
なる可能性があります。
いずれにしても、両社での話し合い以外に選択肢はないので
休業が解除された後のことも考慮して、検討してみてください。

========================================

自宅での食事では、野菜多め、塩分少なめ、を実現していますが
たまにはラーメン、いいですねーー!!
週末に久しぶりに食べて、幸せでした。

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.