職場におけるパワーハラスメントに関して雇用管理上講ずべき措置等に関する指針の骨子(案)が提示されました

第18回労働政策審議会雇用環境・均等分科会で
職場におけるパワーハラスメントに関して雇用管理上講ずべき措置等に関する指針の骨子(案)が提示されました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06743.html

職場におけるパワーハラスメントの定義は、
①優越的な関係を背景とした言動であって
②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより
③労働者の就業環境が害されるもの
とされています。

また、
客観的にみて、業務上必要かつ相当な範囲で行われる適正な業務指示や指導については、
職場におけるパワーハラスメントには該当しないこととも示されています。

管理職が指導する必要があるにも関わらず
ハラスメントにならないかが心配で、必要な指示・指導さえも
できない状況になっていることがありますので
現場で迷いがないように、しっかり社員教育をする必要があります。

========================

先週、海外に住んでいる学生時代の友人が帰国していたことを口実に?
友人たちとプチ同窓会をしました。
集まったメンバーは13人。結構うるさかったのではないかと思います・・・

かなり久しぶりの人、半年ぶりくらいの人など、
話は尽きず、とても楽しい時間でした。
メンバーの一人が高校卒業時の学校の新聞を持ってきていて
そこに記載されていた我が総代の彼女(今回の会の主役!)の答辞を
朗読が得意な友達が読んでくれました。

今はみなそれぞれに生活環境が異なりますが、それぞれの環境で真面目に一生懸命
頑張っている人ばかりで、パワーを沢山もらいました。
学生時代はそれほど特別仲がよいわけではなかった人とも
今は特別な友になっているのが不思議です。

写真は、静岡在住の友達からもらった一品。
とても美味しいシーチキンでした。
まだ食べ終わっていないにも関わらず、思わずお取り寄せしてしまいました!

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.