濱田京子コラム

労基法33条 災害時の時間外労働等について

2021.03.15.

労基法32条で法定労働時間は1日8時間まで、週40時間までと定められていますが
それを超えて労働させる場合は、労基法36条の定めにより労使協定の届出をすることで
一定の時間外労働を命ずることができます。

ただし、災害その他避けることのできない事由により臨時に時間外・休日労働をさせる
必要がある時には、36協定とは別の取扱いで、会社が労基署長に許可を申請することで
時間外・休日労働を命ずることができます。(労基法33条)
原則は事前の許可申請ですが、事後の届出でも可能です。

ここでポイントとなるのは、36協定で協定した時間外・休日労働時間とは別カウントであるという点です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001autj.html

======================================

事務所の会議室のLANケーブルプラグのツメが壊れて困ったー!とスタッフに話をしたら、写真のような復元できるものを探してくれました。
私ひとりが困っているわけではなく、みんなが困りそうなことは、すでに誰かが商品化してくれているのですね!
探してくれたスタッフにも、ニーズに応えてこのような商品を作ってくれている会社に、感謝です!!

給与計算改善コンサルティング
RECRUIT
給与計算の最強チェックリスト
濱田京子著 出版書籍
濱田京子コラム
社労士コラム

お電話でのお問い合わせ

03-5422-6550

受付時間: 平日 9:00 〜 17:00

メールでのお問い合わせ