障害者雇用関連の給付金

障害者の法定雇用率は現在、2.2%ですが
2021年4月までに2.3%まで引き上げられることが決まっています。
障害者雇用が課題になっている企業は多いと思いますが
短時間労働の障害者の雇用支援の制度が新たにできましたので参考にしてください。

給付金対象となる障害者は、次の要件のいずれかを満たす必要があります。
支給対象期間に雇用していた障害者の実人数(月数)×5,000円が支給額となります。
(納付金申告義務がある100人超の事業主は7,000円です)

1、障害者手帳等を保持する障害者
2、1年を超えて雇用される(見込みを含む)障害者
3、週所定労働時間が10時間以上20時間未満の障害者

詳細はこちらでご確認ください。

http://www.jeed.or.jp/disability/koyounoufu/tokureikyuufu.html

===================================

1月は講演会やセミナーでお話をする仕事が4回ありました。
私にしては数が多かったので、いつも元気ではあるものの、一応、
万一体調不良になってはならないと心配していましたが、
無事、24日(金)で今月の話す仕事は終わり、ひと安心です。

管理職セミナーでは、現場の意見を生で聞けることもあり
実は私自身がアウトプットするだけでなくインプットも多いです。
様々な現場にふれることで、現場のみなさまに本当に役に立つ情報を
お伝えできたらいいなと思っています。
2月以降に実施する研修講師の仕事も、まだまだ頑張ります!

写真は、先週、東京労働基準協会で講演したときの写真です。

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.