高年齢者の雇用状況

厚労省が令和元年「高年齢者の雇用状況」(6月1日現在)を取りまとめ公表しました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000182200_00003.html

今回の結果は、毎年実施されている高年齢者の雇用状況報告をもとに
従業員31人以上の企業161,378社の状況をまとめた内容となっています。

65歳定年の企業は、17.2%
(中小企業では17.9% 大企業では10.6%)

66歳以上が働ける制度がある企業は、30.8%
(中小企業では31.4% 大企業では25.3%)

70歳以上が働ける制度がある企業は、28.9%
(中小企業では29.6% 大企業では23.3%)

定年制廃止企業は、2.7%
(中小企業では2.9% 大企業では0.5%)

70歳以上も働くことができる制度が30%程度もあることに
驚きましたが、やはり中小企業はより柔軟な制度を構築しやすいので
積極的に実施しているのかもしれません。

=============================================

冬になると、買ってしまうチョコレートの一つです。

12月に入り、年内にすべきことを計画的に進めないと時間に追われそうで怖いです。
年末年始、ゆっくりできるように今から頑張ります!!

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.