事業場外みなし労働時間制

今日は、1月24日に最高裁判決が出た阪急トラベルサポート事件について
書きたいと思います。

この事件は、海外旅行の添乗員に事業場外みなし労働時間が認められるかが
争われていたのですが、結果として適用は認められず会社が敗訴しています。

今回、添乗員の勤務状況の把握が難しいとは言えないという判断をされたわけですが
そもそも、事業場外みなしは、外出先などで労働時間の把握が難しい場合に限って
労働時間をみなすことができる制度ではあるので、把握できる状況だと判断されると
みなし労働時間制は適用されず、その結果、実際の労働時間分の時間外労働手当を支給しなさい、
となったわけです。
把握できると判断されたポイントは
①旅程管理に関して具体的な業務指示がされている
②決められた指示書に基づいて、業務遂行していること
③携帯電話は常時電源を入れているように指示されていること
④遂行した業務内容は添乗日報に詳細に記載して提出することが義務付けられていること
などがあげられています。

今回は添乗員の話ではありますが、営業社員であっても
業務管理をしっかりしている企業が多いですし、営業日報を作成して報告している
ケースも多いです。
またほとんどが携帯電話を持ち、管理ができる状況になっていると考えられますので
添乗員でなくても、同じような状況の企業は多いと思います。

今後、事業場外みなし労働制の適用については、ますます慎重にならざるを得ないですが
原点に戻り生産性向上を考えた業務の見直しをしていく必要があると考えます。

============================================

先日、取材を受けた記事が掲載されています。
雑誌STORYです。
もちろん、ファッションでも美容でもなく仕事に関するページです。
私が資格を取った経緯や仕事に対する考えなどを記事にしてくださっています。
こんなに大きな記事になるのであれば、事前にエステに行ったり
メイクをしてもらったりしたほうがよかったなぁと大して変わりはないとは
思うものの、ちょっと後悔してしまいました・・・。
3

2 (2)

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.