「労働時間」一覧

災害などの事由による臨時の必要がある場合の時間外労働について

2019-06-03

労基法改正により、大企業は今年の4月施行で時間外労働の上限規制がされましたので
今まで以上に厳格に時間外労働の時間を管理することが必須となりました。

そのような中、昨年も豪雨や地震などの自然災害が相次いで発生して、災害対応が必要となる
企業も多く発生していましたので、今回は労基法33条で定められている「災害等による
臨時の必要がある場合の時間外労働等」について簡単に説明したいと思います。

労基法33条では、
「災害その他避けることのできない事由によつて、臨時の必要がある場合においては、
使用者は、行政官庁の許可を受けて、その必要の限度において労働時間を延長・休日に労働をさせることができる。」
と定められています。

あくまでも事前に労基署への許可申請をすることが前提ですが
事態急迫のことも考えられるため、許可を受ける暇がない場合は、
事後に遅滞なく届け出なければならない、という仕組みになっています。

この場合の時間外労働は、36協定で定める時間とは別カウントとなります。
したがって、特別条項や上限時間などへの影響はありませんが
あくまでも可能な限り、上限を守ることは求められます。

労働時間管理が厳格化したことで、会社としても必要な手続きがあるものは
確実に対応しておくことが求められます。

=================================

6月が始まりました。
今年は年初に、本をたくさん読んでここで報告すると宣言していたのですが
実は、途中でもっと重要なすべきことができてしまったため、
それほど集中して読書していないのです。報告できずスミマセンでした・・・
最低限必要な範囲での読書はしているのですが、披露できるほどのものはないので
しばらくお休みさせてください。

では、いったい何をやっているのか??
それは・・・英会話です。
今の私の仕事ではほとんど必要がないため、逃げ続けていた英語ですが
急遽、必要となったこともあり、今さらですが勉強しています。
さてさて、どうなることやら。

先日、打ち合わせ帰りに渋谷で撮ったアジサイの写真です。
春は終わって、夏に向かっていますね!

厚労省パンフレット:年次有給休暇の時季指定を正しく取扱いましょう

2019-05-27

2019年4月から年次有給休暇の時季指定義務の制度が出来ましたが、
その周知の一環で、厚労省が新しいリーフレットを公表しています。

●年次有給休暇の時季指定について就業規則に記載しましょう
https://www.mhlw.go.jp/content/000510007.pdf

●年次有給休暇の時季指定を正しく取扱いましょう
https://www.mhlw.go.jp/content/000510008.pdf

すでに施行日は過ぎていますが、
いまから就業規則を改定する企業もありますし、
まだまだ具体的ルールを決めていない企業もあるかもしれませんが
一斉付与のタイミングはこれからでも、
中途入社された方に付与する年次有給休暇も対象となりますので
確実に確認をしておきましょう。

=========================

数年前から我が家で過ごしているハイビスカスですが
今年も咲き始めました。
この子が咲き出すと、夏が近づいている!と実感します。

湿度が低くて少しずつ気温が上がってくる、この季節は
本当に気持ちがいいですね。
最近、かなり正しい姿勢でスクワットとデットリフトが出来るようになり
トレーナーに褒められました♪

いい汗かいて、美しくなれるように元気に過ごしたいと思います!

教員の残業指針運用に特例 いじめ対応

2019-04-15

教員働き方改革で残業時間の上限を「原則月45時間」と定めた国の指針をめぐって
文部科学省が、「いじめや学級崩壊への対応」を理由とする場合を「特別の事情」とみなす
方針であることがわかったというニュースがあります。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43629560R10C19A4CR8000/

民間企業が対象となる労基法でいうところの、特別条項の理由と同様と考えると
いじめ対応は、「通常予見できないような特別な事情」であると考えられた
ということになります。

業界特有の事情がいろいろあるので、検討しなければならない範囲が広がります。

===================
最近寒かったので、桜をまだまだ楽しめました。

写真は、芝浦近辺の交差点で信号待ちしているときに撮ったものですが、
散ってしまった桜がピンク色のじゅうたんのように落ちている姿も意外と好きです。

朝ドラの「なつぞら」のナレーションで
「怒るのはいま、幸せだから」と言っていました。
生きるためだけに必死だったら、怒ることもできないらしいので
怒る気持ちも幸せな証拠だと考えて、大きな気持ちで過ごしたいと思います。

高度プロフェッショナル制度の通達が出ました

2019-04-01

【高度プロフェッショナル制度の通達が出ました】
対象者がかなり限られるので、興味がある方は少ないかもしれませんが
高プロの通達・指針が出ました。

通達
https://www.mhlw.go.jp/content/000491675.pdf

指針
https://www.mhlw.go.jp/content/000491677.pdf

職務内容を明確に定めていて
①業務の内容
②責任の程度、
③職務において求められる成果その他の職務を遂行するにあたって
求められる水準
について、労働者の署名を書面で受けて書面交付を受ける方法により
「合意」していること、などの運用について、根拠が明確になりました。

==================================

4月になりました!
3月はさすがに慌ただしくて、何か(仕事ですが)にずっと追われ続けてしまいました。
最近のお気に入りルーティンもこなせていないことがあり、
出来ていないこと自体が気になる状態です。
私の場合、どうしても「睡眠時間」と「誰かと一緒の食べる食事の時間」は削れません。
ここを削ると、心身共に元気を失うので仕方ないよねーと
自分に言い聞かせています。

隙間時間を有効活用して、4月も頑張りたいと思います!

写真は、先日GDOの株主総会の前に会場近くで撮影した写真です。
会場近く(大崎)は結構桜がありましたが、恵比寿は名所が少なくて淋しいです・・・

改正労基法に関するQ&Aが公表されました

2019-03-25

【改正労基法に関するQ&A】

厚労省のHPで、改正労基法のQ&Aが公表されています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000487097.pdf

それほど、目新しい情報はありませんが、念のためチェックしておいた方がいいとは思います。
個人的には、細かい点の確認ができたことで、確信となりよかったと思ったこともありました。

36協定届のことはいろいろ書いてありますが
いままで労基署によっては、休日労働の
「労働させることができる法定休日における始業および終業時刻」の欄に
●時間と、時間数を規定すると、受け付けないということがありましたが
今回のQ&Aでは、時刻の記載が困難な場合は時間数でもよいとありました。
そんなことそりゃそうだよ、そんな制限は決まってないでしょ?!というところですが
このようにはっきり書いてもらえると、助かります。(対労基署対策として)

==================================

先日のイチローの記者会見、みなさまご覧になりましたか。
夜が弱い私も、眠い目をこすりながら見ていました。

刺激と共感でいっぱいでしたが
なによりも一番腹落ちしたのは、
野球を楽しかったというわけではなかった、という話でした。

最近のスポーツ選手がよく「楽しめればいいと思います」
という話をするたびに違和感を感じていた私は
イチローの話にとても共感しました。

責任感のある仕事は、楽しめればいい、では済まないはずなんですよね。
思い起こせば楽しかったのかもしれない、などはあるかもしれませんが、
「自分が楽しむことを大切に」というのは私にはあまりない感覚です。

イチロー、本当にかっこいいです!!

写真は、先日いただいた文旦と黄色に小さなみかん(名前忘れました)です。
親子みたいでかわいかったので、記念撮影しました!

« Older Entries Newer Entries »

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.