旧姓の公的確認書類

11月5日から住民票とマイナンバーカード等に旧姓を表示することができるようになります。
請求手続きにより、戸籍上の現姓に加え旧姓が併記されます。

旧姓を使用しやすくなるようにとの狙いがあるようです。

人事管理業務や手続業務では一人につき名前が2つというのは
間違えのきっかけになりうるので気をつけなくてはいけません。

参考:総務省「住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について」

(藤代)

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.