労基連セミナーに登壇しました

【労基連セミナーに登壇しました】
先週、労基連のセミナーに登壇しました。
お題は、改正労働基準法、上限規制に関することをメインにお話ししました。
ご依頼いただいたときは、上限規制だけで2時間半も話せるかしら?と心配になりましたが
結果的には時間が足りないくらいでした。

そのセミナーでご質問いただいたことで答えられなかったことが一つありました。
それは、時間外労働の上限がなぜ720時間なのか、というご質問です。
私は法律を作る立場ではないので、経緯などは働き方改革実行委員会の議事録
などから探さないとわからないのですが、議事録にもないかもしれませんね。
ということで、いろいろ関係者などに聞いてみたのですが、結果として
明確なことはここでは書けない、ということになってしまいました。
セミナー受講者の方には、わかったらこのコラムで書きますね、と伝えましたので
見に来てくださった方もいるかもしれませんが、申し訳ないです。

ただ一応考え方としては、皆さんもお察し通りだとは思いますが、
60時間×12=720時間というところでしょう。
60時間は、割増率が5割になる時間とされていて(中小企業は現時点では猶予されているが)
国が考える一つの上限時間であると言えます。
とは言え、1か月の上限という意味では厳しいので、
年間平均としては、60時間が目安と考えたというあたりではないでしょうか。

セミナーでは、途中休憩でも、終わってからも、
多くのご質問をいただき、皆さまの関心の高さを感じました。
私自身もしっかり準備をして臨み、伝えたいことを伝えることができたので
楽しかったです。
これから、10月に2回、11月に1回と続きますが
さらに新しい情報も反映して深化させていきたいと思います。

主催者からは、セミナーアンケートで
通常は1人や2人はいる「不満」がゼロだったと
大変喜んでいただきました。これからもがんばります~!
写真は主催者からいただいたものです。

990913

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.