平成29年度の長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果

厚労省が平成29年度の長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を発表しました。

実施数は、25,676事業場で、
このうち、18,061事業場(全体の70.3%)で労働基準関係法令違反があったとのこと。

その中で、是正勧告書を交付した事業場の主な違反内容は次の通りです。

(1)違法な時間外労働があったもの:11,592事業場(45.1%)
   うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が
      月80時間を超えるもの:     8,592事業場(74.1%)
   うち、月100時間を超えるもの:     5,960事業場(51.4%)
   うち、月150時間を超えるもの:      1,355事業場(11.7%)
   うち、月200時間を超えるもの:      264事業場( 2.3%)

(2)賃金不払残業があったもの:1,868事業場(7.3%)
うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が
      月80時間を超えるもの:     1,102事業場(59.0%)

(3)過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:2,773事業場(10.8%)

やはり月80時間超の事業場は、まだまだ多いですね。
大企業は来年4月施行により、これらの事業場はすべて法違反となる可能性が高いです。
時間外労働時間の長さは、管理・徹底をすることにより
急激に減少していくとは限りませんので、早めに対応を検討し着手することが必要でしょう。

=========================

週末に「カメラを止めるな」という映画を見ました。
話題になっている、という情報だけで見に行ったのですが
とても面白かったです。
ネタばれしてしまうので、いろいろ書けませんが、
こういう企画を考えた人を尊敬します!

0813

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.