日本郵政が異例の手当廃止

金曜日にニュースになっていましたが、
日本郵政グループが正社員の住居手当を廃止するそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000004-asahi-bus_all

廃止のきっかけは組合の要求で
正社員にだけ認められている扶養手当、住居手当等の5つの手当を
非正社員にも支給するように求めたことから始まったとのこと。
会社側は、年末勤務手当は非正社員にも支給することを認めたうえで
「正社員の労働条件は既得権益ではない」として住居手当の廃止を提案し
最終的に合意したようです。(廃止後10年間の経過措置あり)

これは現在の国会で提出されている働き方改革関連法案にも含まれている
同一労働同一賃金への流れの一つと考えられます。

同一労働同一賃金は、正社員と同じ仕事をしている非正規社員について
同じ処遇をしてあげようという話から始まっているわけなのですが、
今回の日本郵政の流れは、正社員の処遇自体も見直す、ということになっています。
もちろん、これは日本郵政の社員構造の問題もあり、
住居手当を受け取っている正社員は約5000人ですが、
非正規社員は19万7000人いると言われていますので
ある意味、当然の流れとも考えられます。

そもそも企業における賃金原資には限りがあり
正社員と同じ処遇をすべての非正規社員にもするというだけで
解決できない企業は沢山あります。(無意味な内部留保はない企業が多いので)
したがって、これからは正社員の処遇自体を見直したうえで、
非正規社員へ適用する範囲を決めていくという流れになることは、
ある意味当然ではないかと考えます。

これから、賃金制度を構築するときには
会社の考えを確実に整理してから着手しないと
説明責任を果たせなくなりますので要注意です。

==================================

先日、新卒で入社した会社の同期たちが
社外監査役就任のお祝いをしてくれました。

いまでも同じ会社にいる人、独立して仕事をしている人、私
の3人だったのですが、それぞれがそれぞれの環境でマジメに楽しく頑張っているな~!
ということを確認できた楽しい会でした。

私は本当に幼い時からずっと人に恵まれていて
いつも周りの人から沢山の力をもらっています。
そろそろ年齢的に恩返しをすべき時期のはずなのですが
なかなか出来ていません。
少しずつでも、周りの人の役に立てるようになりたいです。

写真はお祝いでいただいたお花。
私をイメージしてくれたそうです。

0414

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.