来年度(平成30年4月)から労災保険料率が改定されます。

労災保険料率は、業種ごとに3年間の労災発生状況などをふまえて
原則3年ごとに改正をしています。
今回は、来年度の平成30年4月からの変更とのことです。
ちなみに平均料率は4.5/1000となるようです。

その他法令改正案のポイントについても
発表されています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188909.html

労災保険料率について詳細を見てみると、
3つの業種は料率が上がっていますが
それ以外の変更はすべて料率の引き下げです。
建築事業なども下がるようです。

【保険料率がアップする業種】
ガラス又はセメント製造業
非鉄金属精錬業
清掃、火葬又はと畜の事業

実務においては、来年の労働保険料申告時に納める保険料が少なくなる
ということになります。(料率の変更がない業種も沢山あります)

==============================

週末はクリスマスでしたね。
まったくクリスマスっぽくはないですが
ある日の朝ごはん。
美味しい!と幸せになりますよね~(食いしん坊)

1224

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.