給料前払いサービスについて

Yahooニュースでも取り上げられていましたが、
給料の前借り・前払いサービスが広がっているそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00006978-bengocom-soci

報道されている新しいサービスは、手数料がかかるもののようで
その手数料が利息とみなさるのではないかと言われていますが、
それ以外にも、「直接払いの原則」の違反となる可能性があると言われています。

「直接払いの原則」とは、賃金は会社が本人に直接払わなければならないという
労働基準法の定めであり、そのほかにも賃金の支払い方については
「通貨で」「全額を」「毎月1回以上」「一定期間を定めて」の合計5つの原則があります。

賃金の支払いに関して、労働基準法ではその他に
すでに働いた分についての給料は、決まった目的に限り
労働者が請求すれば支給日より前であっても会社が払わなければならない
という規定もあります。(労働基準法第25条 非常時払)

ここでいう決まった目的とは、
出産、疾病、災害などの非常時の場合だけですので、
ただ単にお金が足りないからという理由では会社が払ってあげなければならない
ということにはなりません。

今回報道されているサービスは、会社が前借りを許しているというのではなく
高額の利息をつけた貸金業が間に入っている、というだけのようなものです。
手数料は6%ということですが、必ず支払われる給料が担保なわけで、
業者にとってはいい商売ということになります。

どんなサービスも、そのサービスがどのような仕組みになっているのかを
ちゃんと理解してから利用したいものです。

===============================

最近仕上がった陶芸の作品です。

本当はもっと白くなる予定だったのですが、
吹き掛けした釉薬が少なかったようで、金色のような色合いが出てしまいました。
これはこれで、面白い色合いでよかったです。

20171118

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.