高額年俸に残業代が含まれるか

勤務医の高額年俸が残業代に含まれるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、
最高裁が「残業代に当たる部分を他の賃金と判別できず、
残業代を年俸に含んで支払ったとはいえない」と判断したことがニュースになっていました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H4Z_X00C17A7CR8000/

年俸1700万円の神奈川県の男性医師が、
午後5時半~午後9時に残業をしても時間外の割増賃金を上乗せしない規定だったが
その間の時間外労働約320時間分の一部が未払いだと主張していた、という内容です。

医師の長時間労働は常態化しているので、
この判決は影響が大きいのではないでしょうか。

平成17年のモルガンスタンレージャパン事件では、
プロフェッショナル社員に対しては、所定時間外労働に対する対価も含んだ
高額年俸だと解することが相当と判断されましたが
今回は同じようには判断されませんでした。

労働時間管理の重要性は高まるばかりです。

==============================

暑いですね。

そしてお中元の季節。事務所にはお菓子が豊富にあります。
繁忙期ですし、みんなと糖分を摂取して?!乗り切りたいと思います。

写真のお菓子は、
アイスキャンディーのような形状のダックワーズです。
かわいいです!

999

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.