兼業・副業

「働き方改革事項計画」でも兼業・副業などの柔軟な働き方の環境整備について書かれていて
「新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、そして第2の人生の準備として
有効であることから、その普及を図っていく」とされています。

先日、経済産業省より「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」が公開されました。

http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170531005/20170531005-1.pdf

すでに兼業・副業をしている個人の紹介のほか、
オイシックス、クラウドワークス、サイボウズ、ドン・キホーテなど8社の事例が紹介されています。
今後、検討されている企業にとっては、かなり参考になる情報が多いと思いますので
是非ご確認いただければと思います。

それぞれの会社で認めている範囲が紹介されていますが
・社名、サービス名、秘密情報を用いないこと
・競合関係となる会社、事業に従事しないこと
・被雇用者、役員となる場合は申請すること
・本業の業務に支障をきたさないこと
・当人のスキル形成に繋がること
などがあり、どの企業も性善説に立ち条件整理をしています。

所得の補填目的ではないこと、など
短期的視点で判断するようなことはNGというルールが多いように感じました。

====================================

最近、ガーデンプレイスに行く用事があり
ランチも兼ねて少し歩いていたら
アイスクリームのブルーシールが出来ていました。

沖縄が好きなので、今年も春に行ったのですが
また、行きたいです~~~

16

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.