雇用保険法等の一部を改正する法律 成立

3/31に雇用保険法等の一部を改正する法律が成立しています。

今回成立した内容は次の通りです。

1、雇用保険料率の変更(雇用保険法)
平成29~31年度の3年間について、時限的に引き下げることが決まりました。
被保険者 0.4%→0.3%、一般の事業の事業主 0.7%→0.6%

2、育児休業制度の見直し(育児・介護休業法、雇用保険法)
原則1歳までの育児休業が保育園に入れない場合は6ヵ月延長可能だったところ
さらに6ヵ月(2歳まで)の再延長が可能となります。
これに合わせて、育児休業給付の支給期間も延長となります。

3、失業等給付の拡充(雇用保険法)
リーマンショック時に創設した失業等給付の暫定措置の期限が
平成28年度末までとなっていたことから、必要な措置がされています。
内容としては、雇止めされた有期雇用者の所定給付日数を倒産・解雇等並みに
する暫定措置を5年間実施するなどがあります。

4、雇用保険二事業に係る生産性向上についての法制的対応(雇用保険法)
雇用保険二事業の理念として、
「労働生産性の向上に資するものとなるよう留意しつつ、行われるものとする」
旨が明記されます。

5、職業紹介の機能強化及び求人情報等の適正化(職業安定法)

詳しい情報はこちらから確認可能です。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000160686.pdf

==================================

寒かったり、風が強かったり、雨が降ったりと
不安定なお天気ですが、今年も桜が美しいです。

毎年恒例の目黒川の桜も見ましたが、
近所のタコ公園(正式名称はわからない・・・)の桜も
本数は少ないですが、なかなかきれいでした。

四季のある日本に暮らしている幸せを
桜を見るたびに感じます。

さて、今年の春も頑張りますよ。

0410

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.