「採用・退職」一覧

新たな外国人材の受け入れ

2018-06-25

6月15日に「経済財政運営と改革の基本方針2018」が閣議決定されました。

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/0615/shiryo_02.pdf

その中には、働き方改革の推進が謳われていますが、それ以外に
新たな外国人材の受け入れについても示されています。
人材不足が深刻なので、一定の専門性・技能を有した即戦力となる外国人を
幅広く受け入れる仕組みを構築する必要があるという内容です。

具体的には、日本語能力水準は日本語能力試験等によりある程度日常会話ができ、
生活に支障がない程度の能力を有することが確認できることを基本としつつ
受入れ業種ごとに必要な日本語能力水準を考慮して定める、またこれは
移民政策とは異なり、在留期間の上限を通算で5年として、家族の帯同は認めないことが基本で
一定の試験に合格するなどにより高い専門性を有すると認められた人には期間の上限をつけず
家族帯同も認めるなどの取扱いを可能とすることが検討されるようです。

今までは、単純労働は認めないという基本方針でしたが、
今回の方針転換で、人材確保の選択肢が増えることにはなるでしょう。

====================================

日曜日はお天気がよかったので、お散歩しましたが
やっぱり食べたり飲んだりしてしまうわけです・・・

これは広尾のフロインドリーブで買って帰ってきたアーモンドパイ。
サッカーを見ながら食べようかと思っていましたが、
始まる前に食べ終わってしまっていました・・・。

0625

中堅・中小企業の新入社員の意識調査結果について

2018-06-18

東京商工会議所が「中堅・中小企業の新入社員の意識調査結果について」
という調査結果を発表しています。
(東京商工会議所の新入社員ビジネス基礎講座を受講した中堅・中小企業の
新入社員 1,047名にアンケート調査した結果です)

http://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=122904

概要を見てみると、以下のような内容が書かれていました。

・就職活動では、自分のやりたいことがわからず悩む傾向が強い(55.3%)
・資本金1億円以上の企業に入社した半数以上がインターンシップ・職場体験に参加した
・入社した会社を選んだ理由として「待遇(給与・福利厚生等)」を選んだ人が増加

入社した会社を選んだ理由のトップは
「仕事の内容がおもしろそう(46.7%)」ですが、
次に、「職場の雰囲気がよかった(35.2%)」
「自分の能力・個性が活かせる(34.6%)」に次いで
「待遇(給与・福利厚生等)がよい(24.3%)」となり
昨年度比で2.9%の増加となっています。

仕事の内容がおもしろそう!
職場の雰囲気がよかった!、と感じるポイントは、
採用面接のステップにおいて、
今、その職場で働いている人がイキイキと働いていると
感じるかどうか、なのかもしれません。

========================================

先週末に、友人宅の近くの鳥越神社のお祭りに行ってきました。
毎年、ただ飲みに行くだけという感じですが
友人と友人の幼馴染の方たちとワイワイと一緒に飲むのが楽しいです。

写真は、お祭りで売っていた冷凍ミカンです。
ミカンの缶詰をそのまま冷凍しただけです。
なんともシンプルな商品!!
1つ300円で売っていましたが、一体いくらで仕入れた缶ミカンでしょうかねー?!
毎年、不思議なものが売られているのを見るのも楽しいです。

0615

ほほえみサポーター手当

2018-03-05

アパレル業のレナウンが、3/1から
「ほほえみサポーター手当」をスタートさせました。

http://www.renown.com/news/corporate-news/180219.html

働き方改革の一環して、
育児休職から復帰し、短時間勤務等で働く販売員が所属する担当店舗において、
その同僚の販売員に対しての手当として
「ほほえみサポーター手当の支給」を決定した、とのことです。

子育てをする販売員、それを支える同僚の販売員が
さらに安心して協力し合える職場を目指すためだそうです。

支給額の月額3000円は、社内調査を通じて
感謝の気持ちを表す適当な額として決まったそうです。

育児休業から復帰する本人に対する支援は多くありますが
時短勤務者がいるにもかかわらず、人員補充がない場合などは
周りの人の負担が増えてしまうという問題は多く聞かれます。
手当が最適かどうかは職場によるかもしれませんが
このような支援も必要だと感じます。

制度改定をするには、現場の意見も大切ですね。
(なんでも意見をきけばいい、というわけではありませんが)

======================

先日、恵比寿のいきなりステーキに行きました。
通勤で毎日通る道にあるので、気になっていたのですが
今まで行くチャンスがありませんでした。

今日はお肉だ!という気分の日に行ったのですが
サラダとステーキを食べて、サクッと大満足!でした。
肉マイレージカードというカードがあるらしく、
ついもらってしまいました。
(3キロ食べるとゴールドカードになるらしいです)

写真は、お店を出たところにあったポスターです。
社長が必ず最終面接するんですね~
なかなかインパクトがありますが、今年200店出店とは、大変です。
急成長は喜ばしいことですが、ただ単に人員確保すればよいのではなく
また給与という金銭的報酬だけではなく、非金銭的報酬のリテンションが
最も重要になってきます。
これをすれば大丈夫という特効薬はありませんが、
コミュニケーションが大切であることは間違いありません。

0302

2018年1月から改正職業安定法が施行されます。

2017-12-11

2018年1月から改正職業安定法が施行されます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000172497.html

求人募集を行う際に最低限明示しなければならない労働条件について
今回の改正により、次の項目が追加されます。

1、試みの使用期間に関する事項
(試用期間の有無、試用期間があるときはその期間)

2、労働者を雇用しようとする者の氏名または名称に関する事項

3、労働者を派遣労働者として雇用しようとする旨

これに併せて、労働時間に関しては次の事項の明示が必要です。

1、裁量労働制を適用する場合は、その旨の明示

2、固定残業制を採用する場合、一定時間分の時間外労働、
  休日労働、深夜労働に対して定額で支払わる賃金の計算方法、
  具体的には労働時間数と金額、
  固定残業代を除外した基本給の額、固定残業時間を超える
  時間外労働、休日労働、深夜労働分について割増賃金を追加で
  支払う旨等を明示

さらに、実際に労働契約を締結する際に、
求人募集時に職業安定法第5条の3第1項により明示された従事すべき業務内容等から
変更、特定、削除、追加する場合には、
その求職者に対して変更、削除、追加する従事すべき業務の内容等を
明示しなければならないことになります。

職業安定法の労働条件明示と労働基準法の労働条件明示では
内容が異なることもあり、少しわかりにくいのですが
応募時から採用、入社までのステップでどのタイミングで
どの情報を提示、明示しなければならないかはいま一度整理が必要です。

==================================

この季節になると必ず作る牡蠣のオイル漬けですが、
今年も作りました。
これがあると、お酒がすすみ過ぎるので
(美味しすぎて)
少しずつお皿に出します。

寒いけれど、冬は美味しいものが沢山あり過ぎて困ります。

1210

障害者法定雇用率は、2018年4月1日から2.2%へ

2017-07-03

【障害者法定雇用率は、2018年4月1日から2.2%へ】

民間企業の障害者雇用率は現在2.0%ですが、
来年4月から2.2%になることが決まりました。
さらにその後3年経過する日より前には2.3%になります。

つまり、来年4月からは46人に1人の障害者雇用が求められるようになり
ますます障害者雇用のニーズは高まります。

ちなみに、
国および地方公共団体並びに特殊法人については、2.6%となります。

===================================

いよいよ7月になり、今年も後半戦が始まります。
早いですね・・・
そして毎日、蒸し暑いですね。

最近、パンダの赤ちゃんも産まれたこともあり
事務所では、こんなカードでお出迎えしています。

0701

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.