「社会保険」一覧

雇用保険の基本手当日額の変更

2018-07-23

毎年8月1日から変更になる雇用保険の基礎手当日額ですが
今年も変更となります。

【基本手当日額の最高額の引上げ】

60 歳以上65歳未満
7,042円 → 7,083円(+41円)

45 歳以上60歳未満
8,205円 → 8,250円(+45円)

30 歳以上45歳未満
7,455円 → 7,495円(+40円)

30 歳未満
6,710円 → 6,750円(+40円)

【基本手当日額の最低額の引上げ】

1,976円 → 1,984円(+8円)

雇用保険継続給付金(育児・高年齢)も変更となりますので
社員への通知をしておきましょう。

=================================

来月、新しい本が出ます。
ということで、やっと責了しました!
詳細は、またご報告させていただきますが、
今回も懲りずに、写真もイラストも変更ナシです。

そろそろ実物との差が気になりだしたので
変えたほうがいいでしょうか・・・
このイラストは結構かわいく描いていただいているので、
気に入っているのですが。

0707

平成30年度地方労働行政運営方針の策定

2018-05-21

厚生労働省は平成30年度地方労働行政運営方針を策定し、4月に公表しています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000201842.html

この運営方針をふまえて、各都道府県労働局は管内事情に則した
重点課題・対応方針を盛り込んだ行政運営方針を策定し運営していきます。

特に労働基準担当部門の重点課題が実務には影響があると思いますので
そこに絞って確認していきましょう。

●「働き方改革」の推進などを通じた労働環境の整備・生産性の向上
・長時間労働の抑制及び過重労働による健康障害防止の徹底
・労働条件の確保・改善対策
・最低賃金制度の適切な運営(最低賃金額の周知徹底等)

●働き方改革の推進に向けた労働時間改善指導・援助チームの編成

●第13次労働災害防止計画に基づく労働者が安全で健康に働くことができる職場づくり
・死亡災害の撲滅を目指した対策の推進
・過労死等の防止対策等の労働者の健康確保対策等の推進
・就業構造の変化及び働き方の多様化に対応した対策の推進
・疾病を抱える労働者等の健康確保対策の推進

●迅速かつ公正な労災保険給付を行うための事務処理等

●各種権限の公正かつ斉一的な行使、労働基準監督署の窓口サービスの向上

●電子申請の利用促進に向けた取組

最後の項目にある電子申請の利用促進についてですが
平成32年4月以降は、大企業は社会保険手続きの電子申請が義務化とすると
行政手続きコスト削減のための基本計画の中で示されています。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000169819.pdf

当事務所では、顧問先企業様の手続きは原則電子申請で対応しており
導入に時間もかからず、スピーディーにお引き受けいたします。

===========================================

2月から始めた筋トレですが、多少の効果が出始めて
体脂肪率は下がっています。
しかし、お腹周りのお肉が消えたり、かっこいい背中になったりするのは
まだ先なのでしょうか。。。

筋トレをしていることを知っている優しい友人たちは
「すっきりしたねー!」などと言ってくれますが
あまり見た目は変わりません。
でも引き続き、夏に向けて頑張ります。

なーんて言いつつ、写真は先日食べた「アイスまんじゅう」
見た目は地味ですが、とっても美味しいです!
トレーナーには、手のひらに乗るサイズまではおやつも大丈夫!と
言われていますが、これは大きすぎです。
手のひらに乗らないサイズがダメなことは
私だってなんとなくわかります(苦笑)

0517

国土交通省が「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定しました。

2018-05-14

昨年3月に政府が公表した「働き方改革実行計画」をふまえて
建設業の働き方改革に向けた取組みが進められていますが、
さらに加速化させるために今回のプログラムが策定されています。

建設業は特に長時間労働であること、
また、最近上昇傾向にはなっているもののまだ比較的低い給与水準であることなどの
現状をふまえて、今後の担い手を確保するための働き方改革を強化すべきと考えられています。

具体的には、長時間労働の是正、給与・社会保険、生産性向上の3つの分野で
新たな施策を進めていくとされています。

(1)長時間労働の是正
・週休2日制の導入の後押し
・各発注者の特性を踏まえた適正な工期設定の推進

(2)給与・社会保険
・技能や経験にふさわしい処遇(給与)の実現
・社会保険への加入を建設業を営む上でのミニマム・スタンダードへ

(3)生産性向上
・生産性の向上に取り組む建設企業の後押し
・仕事の効率化
・限られた人材・資機材の効率的な活用促進
・重層下請け構造改善

http://www.mlit.go.jp/common/001226489.pdf

先日も建設業の顧問先で話題になっていましたが、
まだまだ週休2日制が導入されている現場は多くないですし
人数に余裕がないことから、結果的に長時間労働となってしまう
現状があります。
人材確保が超重要課題ではあるものの、なかなか難しく
まずは、現在の人材が離職しないような体制を作ることが大切です。
特効薬・万能薬はないのですが、現場の意見をよく聞いてできることを少しずつでも
トライ&エラーであっても、やってみることでしょうか。

==========================

暑くなったり涼しくなったり、そんな季節ですが
やっぱり裸足で過ごせる季節が好きです。
仕事がなければ、毎日ビーサンで過ごしたいです。

私はアイスは一年中食べたい人ですが、新しくこんなものが。
まぁ、こんな具合に食べているから、筋トレだけでは痩せられないことは
自覚しています・・・

0510

5月からのマイナンバー取扱いについて

2018-04-23

マイナンバーは本格稼働してからも、社会保険・雇用保険の手続きでは
実務上はマイナンバーを記載して届出をしなくても、受理されていたことから
実態としては使用していないケースが多かったと思います。

しかし、社会保険は4月から、雇用保険は5月から、取扱いが変わり
特に雇用保険においては、マイナンバーのない手続きは受理できない
とまで言われてました。
今までは徹底して回収していなかった会社も手続きができない
ということになると困るので社員の方にしっかり説明して理解を求めるように
していただくことが必要となります。

ちなみに雇用保険の届出についてはQ&Aが出ていて
本人から会社に提供拒否をされている場合の取扱いとしては
備考欄に「本人事由によりマイナンバー届出不可」という記載していれば
受理しないということはない、としています。

Q&Aはこちら
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/2018QA.pdf

=================================

先週は、人生初!の訪問先が2つありました。

一つ目は、議員会館!
二つ目は、東大教授の研究室!です。

議員会館への訪問というのは、私が会社員時代にお世話になった
全日空の人事部出身の参議院議員の磯崎仁彦先生の議員会館に
お邪魔したという話です。

議員会館はとてもきれいで広くて素敵で緊張しましたが、
せっかくなので、国会議員の方が普段どんなことをしているのか、など
いろいろと質問させていただいてしまいました。

法案の審議をするためにも多くの情報収集や勉強をされていること
地元の話を聞くために、毎週末地元に戻り、多くの行事にも参加されていること
など、知識などの能力だけではなく、体力、気力が必要なお仕事だと思いました。
そして何と言っても「志」がないと務まらないお仕事だということを
改めて感じました。

次に東大教授の研究室というのは、いつもお世話になっている水町先生の研究室です。
夏にあるセミナーにご登壇いただくことになり
主催者にご紹介するというお役目でお目にかかりに伺いました。
水町先生とはかなり前からお世話になっていますが、実は研究室に伺うのは初めてでした。
打ち合わせと言いつつ、キョロキョロと本棚を観察させていただいたり
ざっくばらんに法案のお話を伺ったり、と有意義な時間でした。

どちらの訪問先でも写真は撮らなかったので
今日の写真は、最近の我が家のサラダ。
葉物野菜を沢山取りたいです。

0423

「医療費のお知らせ」が確定申告にも利用可能となりました

2018-01-22

協会けんぽでは、医療費の確認ができるように
1年に1回「医療費のお知らせ」を被保険者に発行しています。
会社を通じて受け取る形式ですが、今年も2月に送付される予定です。

この「医療費のお知らせ」は毎年発行されていますが
平成29年分の確定申告から医療費控除の申告手続きに使用可能となりました。
いままでは、医療機関が発行する領収書でなければなりませんでしたが
今後は「医療費のお知らせ」の添付で明細記入を省略することができるようになります。

確定申告の手続きの手間が少なくなりますので
活用してみてはいかがでしょうか。

(注)今年の2月に発行される「医療費のお知らせ」に記載されている内容は
原則、平成28年10月から平成29年10月の間に医療機関等で受診された内容となりますので
対象期間については要注意です。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/h30-1/300117001

=======================================

事務所の請求書を送付する際には記念切手を使っています。
事務所を始めてからずっと続けている小さなこだわりなのですが、
選んでいる自分も楽しんでいます。
そんなわけで、定期的に記念切手をチェックしています。
今回購入したのはこちら。カワイイです!

0118

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.