「手続き」一覧

人材派遣健康保険組合解散

2018-09-25

人材派遣健康保険組合が解散することを決定したとニュースになっていました。
解散は、2018年度末ということでそれ以降は協会けんぽに移ることになります。

人材派遣健康保険組合は、加入者が50万人にものぼるので
それはそれは大変なことです。
医療費の支出増のほか、後期高齢者医療への支援金負担などにより
財政状況の悪化が避けられないために判断したとのことですが、
協会けんぽに50万人が移行されることにより国庫負担は100円規模で増える見通しのようです。

今でも健保組合への編入を希望される顧問先企業はありますが
必ずしも健保組合がよいとは言えないこともあります。
今回の派遣健保は、まだ協会けんぽより保険料率は低いようですが
逆転している健保組合もあります。(例:日本マクドナルド健保組合は10.7%)
もちろん、付加給付が手厚い健保組合もありますし
福利厚生となり得る保養所などの制度もある組合も多いです。
しかし、一度健保組合に加入すると料率が高くなったから抜ける
などということは出来ないので注意が必要です。

派遣事業の周辺は色々変化が多く、管理する側の労力も大変ですね。

========================================

企業実務10月号で「派遣労働受入れ時に欠かせないことを確認してみよう」というお題で
記事を書いています。
受入側の内容ですが、参考になれば嬉しいです。

あと1週間で9月も終わりですね。
なんとなく慌ただしく、絶えず期限に追われて仕事をしている9月です。
10月は、もっとじっくり計画的に仕事をしたいです。

2

11

障害者雇用

2018-09-03

最近、顧問先との打ち合わせでもよく話題になりますが
中央省庁の障害者雇用の水増しは本当にひどい話です。

今回の話の詳細はこれからも情報が出てくるとは思いますが
そもそも法律が求める障害者の要件はどのようになっているか
少し整理してみたいと思います。

障害者雇用促進法の対象となる障害者の確認方法は次の通りです。

・身体障害者の場合
地方自治体から交付される身体障害者手帳において定められる障害程度が
1~6級および7級の障害重複している人が算出対象となります。

・知的障害者の場合
地方自治体から交付される療育手帳の所持者が対象となります。

・精神障害者の場合
地方自治体から交付される精神障害者保健福祉手帳の所持者が対象となります。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page10.html

障害者雇用の確認には、手帳の所持の有無を確認することが重要です。

================================

我が家のハイビスカスですが、まだ元気に咲いています。
さすがに毎日新しい花が咲くほどではありませんが、
頑張っています。

まだまだ暑いですが、私も元気に過ごしたいと思います♪

0831

働き方改革のパンフレットが出ました

2018-08-06

働き方改革のパンフレットが出ています。
シンプルに要点がまとまっているので、わかりやすいと思います。

https://www.mhlw.go.jp/content/000335765.pdf

とは言え、実際にそれぞれの企業の実態は異なるので
何から着手すればいいかお悩みの企業は多いかもしれません。

まずは、来年4月施行となる
・労働時間上限規制(大企業のみ)
・有休5日の消化義務
について着手しなければなりません。
(高プロも来年4月施行です、念のため)

当事務所の得意分野は、実務の現場で決めるべきことを事前にご案内する
という、かなりきめ細やかな内容ですので、
上記2つの対応策についても、いろいろご準備しています。

「労働時間管理のポイント労務監査」
現在の管理方法をチェックし、課題の抽出、その後の改善コンサルティングまでを含む
労働時間管理に特化した労務監査です。
労基署対応だけではなく、正しい賃金計算が出来ているかどうかを含めた
未払い賃金対策までをカバーする内容です。

「有休計画的付与の運用構築コンサルティング」
有休の計画的付与の運用を完全構築できるように、現状分析から労使協定の締結、
周知・運用方法、イレギュラー対応の検討までをトータルサポートします。
雛型の労使協定の内容だけでは、大きな落とし穴がありますので要注意です。

お気軽にお問い合わせください。

======================================

「給与計算の最強チェックリスト」の新訂版が8/10発売となります。
私が初めて書いた本がこの給与計算の最強チェックリストでした。
あれから5年、この新訂版で単著5冊目となります。

以前のものからは、いろいろバージョンアップしていますので
給与計算ミスに悩んでいる方のお役に立てると思います。
Amazonでも予約が開始されましたので、是非~!!

https://www.amazon.co.jp/dp/4897952166

0803fb

雇用保険の基本手当日額の変更

2018-07-23

毎年8月1日から変更になる雇用保険の基礎手当日額ですが
今年も変更となります。

【基本手当日額の最高額の引上げ】

60 歳以上65歳未満
7,042円 → 7,083円(+41円)

45 歳以上60歳未満
8,205円 → 8,250円(+45円)

30 歳以上45歳未満
7,455円 → 7,495円(+40円)

30 歳未満
6,710円 → 6,750円(+40円)

【基本手当日額の最低額の引上げ】

1,976円 → 1,984円(+8円)

雇用保険継続給付金(育児・高年齢)も変更となりますので
社員への通知をしておきましょう。

=================================

来月、新しい本が出ます。
ということで、やっと責了しました!
詳細は、またご報告させていただきますが、
今回も懲りずに、写真もイラストも変更ナシです。

そろそろ実物との差が気になりだしたので
変えたほうがいいでしょうか・・・
このイラストは結構かわいく描いていただいているので、
気に入っているのですが。

0707

平成30年度地方労働行政運営方針の策定

2018-05-21

厚生労働省は平成30年度地方労働行政運営方針を策定し、4月に公表しています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000201842.html

この運営方針をふまえて、各都道府県労働局は管内事情に則した
重点課題・対応方針を盛り込んだ行政運営方針を策定し運営していきます。

特に労働基準担当部門の重点課題が実務には影響があると思いますので
そこに絞って確認していきましょう。

●「働き方改革」の推進などを通じた労働環境の整備・生産性の向上
・長時間労働の抑制及び過重労働による健康障害防止の徹底
・労働条件の確保・改善対策
・最低賃金制度の適切な運営(最低賃金額の周知徹底等)

●働き方改革の推進に向けた労働時間改善指導・援助チームの編成

●第13次労働災害防止計画に基づく労働者が安全で健康に働くことができる職場づくり
・死亡災害の撲滅を目指した対策の推進
・過労死等の防止対策等の労働者の健康確保対策等の推進
・就業構造の変化及び働き方の多様化に対応した対策の推進
・疾病を抱える労働者等の健康確保対策の推進

●迅速かつ公正な労災保険給付を行うための事務処理等

●各種権限の公正かつ斉一的な行使、労働基準監督署の窓口サービスの向上

●電子申請の利用促進に向けた取組

最後の項目にある電子申請の利用促進についてですが
平成32年4月以降は、大企業は社会保険手続きの電子申請が義務化とすると
行政手続きコスト削減のための基本計画の中で示されています。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000169819.pdf

当事務所では、顧問先企業様の手続きは原則電子申請で対応しており
導入に時間もかからず、スピーディーにお引き受けいたします。

===========================================

2月から始めた筋トレですが、多少の効果が出始めて
体脂肪率は下がっています。
しかし、お腹周りのお肉が消えたり、かっこいい背中になったりするのは
まだ先なのでしょうか。。。

筋トレをしていることを知っている優しい友人たちは
「すっきりしたねー!」などと言ってくれますが
あまり見た目は変わりません。
でも引き続き、夏に向けて頑張ります。

なーんて言いつつ、写真は先日食べた「アイスまんじゅう」
見た目は地味ですが、とっても美味しいです!
トレーナーには、手のひらに乗るサイズまではおやつも大丈夫!と
言われていますが、これは大きすぎです。
手のひらに乗らないサイズがダメなことは
私だってなんとなくわかります(苦笑)

0517

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.