濱田京子コラム

職場環境づくり

2017-07-24

新入社員の74%が
「残業が少なく、平日でも自分の時間が持て、
趣味などに時間が使える職場」を希望している
という調査結果があります。
(日本生産性本部「2017年度 新入社員 春の意識調査」の調査)

そして
「残業は多いが、仕事を通じて自分のキャリア、専門能力が高められる職場」
を希望すると答えた新入社員は、26.0%という結果です。
二者択一なので、このような結果になったのかもしれませんが、
残業が敬遠される傾向があることは事実でしょう。

そして、仕事を通じて成長を感じることよりも、
趣味を楽しみたいと思っている人が多くいることは
職場自体にも問題があると考えることもできます。

事実、仕事に熱中している若者も沢山います。
そんな中、このような調査結果を見てしてしまうと
実は熱中できる仕事をつくりだせていないのは
経営者や職場の管理職なのかもしれない、とも考えてしまいます。

環境づくりは、会社の仕組みをつくる側の大切な仕事です。
意思を持って、仕組みを構築していかないと
現場で働く人たちには伝わらないことに気づかなければなりません。

=================================

まだ梅雨明けしたばかりですが、毎日暑いです。
ということで、ビールが美味しいですね。

毎日食欲も落ちず、元気に過ごしています。

0721

電通違法残業 裁判で審理

2017-07-18

働き方改革の議論にも大きな影響を与えた昨年の電通事件ですが
労基法違反で略式起訴されていましたが、東京簡裁が略式命令は不相当
と判断して、正式な裁判を開くことを決めました。

正式裁判になると、電通幹部が証人として証言をすることにもなり
より実態が明らかにされていくと考えられます。

先日、働き方改革実現会議メンバーでいらっしゃった大学教授と
ご一緒したときに、話題になり
「労基法、道交法、建基法は、略式起訴なんだよねー」なんて
話していたのですが、今回ばかりは違いました。

引き続き注目が集まりそうです。

================================

社労士会の役員のお役目をいただいていることもあり
渋谷区で開業している社労士仲間との交流があります。
実はかなり年下の方もいらっしゃるのですが、
同世代・若手?なんていいながら、たまに集っています。

先日は、うちの事務所に集まっていただき
その後、事務所の入っているビルの1階のお店で飲みつつ、
いろいろな情報交換をしました。
このメンバーで集うときのゲストはいつも、
働き方改革実現会議メンバーでいらした水町先生です。

水町先生とは数年前からのご縁で、それこそ同世代ということもあり
いつも飲んで食べてざっくばらんにお話しさせていただいています。
実務の現場で感じていること、考えていることなども
気兼ねなく質問したり議論したりすることができるので
とても楽しい時間であり、大変勉強にもなります。
本当に色々な方に支援していただいている環境で幸せです。

写真は、お中元でいただいたアイス。
毎日暑いので、外出から戻ってきたときのアイスもこれまた幸せです。

99999

高額年俸に残業代が含まれるか

2017-07-10

勤務医の高額年俸が残業代に含まれるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、
最高裁が「残業代に当たる部分を他の賃金と判別できず、
残業代を年俸に含んで支払ったとはいえない」と判断したことがニュースになっていました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H4Z_X00C17A7CR8000/

年俸1700万円の神奈川県の男性医師が、
午後5時半~午後9時に残業をしても時間外の割増賃金を上乗せしない規定だったが
その間の時間外労働約320時間分の一部が未払いだと主張していた、という内容です。

医師の長時間労働は常態化しているので、
この判決は影響が大きいのではないでしょうか。

平成17年のモルガンスタンレージャパン事件では、
プロフェッショナル社員に対しては、所定時間外労働に対する対価も含んだ
高額年俸だと解することが相当と判断されましたが
今回は同じようには判断されませんでした。

労働時間管理の重要性は高まるばかりです。

==============================

暑いですね。

そしてお中元の季節。事務所にはお菓子が豊富にあります。
繁忙期ですし、みんなと糖分を摂取して?!乗り切りたいと思います。

写真のお菓子は、
アイスキャンディーのような形状のダックワーズです。
かわいいです!

999

障害者法定雇用率は、2018年4月1日から2.2%へ

2017-07-03

【障害者法定雇用率は、2018年4月1日から2.2%へ】

民間企業の障害者雇用率は現在2.0%ですが、
来年4月から2.2%になることが決まりました。
さらにその後3年経過する日より前には2.3%になります。

つまり、来年4月からは46人に1人の障害者雇用が求められるようになり
ますます障害者雇用のニーズは高まります。

ちなみに、
国および地方公共団体並びに特殊法人については、2.6%となります。

===================================

いよいよ7月になり、今年も後半戦が始まります。
早いですね・・・
そして毎日、蒸し暑いですね。

最近、パンダの赤ちゃんも産まれたこともあり
事務所では、こんなカードでお出迎えしています。

0701

平成28年度個別労働紛争解決制度の施行状況

2017-06-26

平成28年度個別労働紛争解決制度の施行状況が公表されました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000167727.html

総合労働相談は9年連続100万件超、
内容は、いじめ・嫌がらせが5年連続トップ、とのことです。

内訳は、次の通りです。

いじめ・嫌がらせ 70,917件
自己都合退職   40,364件
解雇       36,760件
労働条件の引下げ 27,723件
退職勧奨     21,901件
雇止め      12,472件

日々、業務として労務相談をお引き受けしていますので、
実感として、労基署の労働相談コーナーを活用する人が増えた
ということは、強く感じます。
社員が不安や不満に思うことのきっかけは
会社が作っていることが多いです。
事前に説明する、管理職への意識づけを確実にする
「言わなくてもわかるでしょ」はないので
会社がサポートすることで、大きなトラブルへは発展しにくくなりますので
運用方法の見直しは大切です。

最近、国会議員のハラスメント問題が話題になりましたが
感情に任せて発言することなく、一定のセルフコントロールが出来ないと
人と仕事はできないですね。
どちらにしてもあの国会議員の発言は、論外ですが。。。

====================================

数年前に、前職の同僚が癌で亡くなったときにも感じましたが
改めて、自分の健康に感謝して、与えられている時間を大切にしなければならないと感じました。

人それぞれ、自分の環境で与えられた役割を投げ出すことなく
諦めることなく、一緒に力を尽くしてくれている人たちに感謝して
強く優しい気持ちで過ごしたいものです。

今週は元気になれそうな黄色のガーベラ
月末も張り切って乗り切ります!

0625

« Older Entries

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.